今年のレッドソックスについてどう思いますか?

2017年6月15日木曜日

17' Draft Results - Day 3

Day 3です。懇親会があって、ちょっと寝てから少し見ようと思ってたらこんな時間になってしまった。Alex Scherffをドラ5で指名したので、恐らく大物を指名しても契約できないと思うし、どちらかというとミッドレベルのHS選手とかを中心にセレクトできれば。


[17' Draft Day 3 Results (June 14, 2017)]

11. Andre Colon, SS/2B/3B, Washburn Bilingual School, PR (HS)

B/T: R-R
Height: 6-0
Weight: 180
Commitment: Jefferson
Ranking: None

Comments: 上背は普通だが、下半身ががっしりしており、最大のツールであるスピードを生み出す。ファーストステップが速い。肩は平均的で少し送球モーションが大きい。アグレッシブな打者。インサイドアウトのスウィングで逆方向に打てる。


12. Beau Hanna, C, Winder Barrow HS, GA (HS)

B/T: R-R
Height: 6-1
Weight: 210
Commitment: Kennesaw State
Ranking: PG #415

Comments: BAではTop 500圏外だが、Georgia州のリストで#21の選手。優れた体格からのパワーが最大のツール。守備はあまり評価されておらず、プロでは1Bや両翼に移ると見られる。


13. Garrett Benge, 3B, Oklahoma State (Jr.)

B/T: L-R
Height: 6-0
Weight: 205
Last Drafted: 22nd round (15') by CLE
Ranking: None

Comments: 二年前にJuCoで好成績を残してCLEにドラフトされたがプロ入りしなかった。今季も優れた打撃成績。ボールをよく見る選手。昨夏のCape Cod Leagueでも木のバットで好成績を残した。カレッジに戻るとしたら、来季は捕手に転向するとも。


14. Aaron Perry, RHP, Hurricane HS, WV (HS)

B/T: R-R
Height: 5-11
Weight: 175
Commitment: Kentucky
Ranking: BA #438/PG #261

Comments: 恐らくドラ11以下では最大の選手。体格は小さめだが、速球は95 mphを記録する。鋭く変化する82~85 mphのスライダーも平均以上になる可能性。この春は肘を疲労骨折したが、既に完治したよう。体格の小ささもあり、リリーフになるとも。


15. Marcus Ragan, CF, East Mississippi JC (JC-So.)

B/T: R-R
Height: 5-11
Weight: 180
Last Drafted: Never Drafted
Commitment: Arkansas-Little Rock
Ranking: None

Comments: スピードがあり、盗塁技術も高い。またパワーも平均的。JuCoでは素晴らしい成績を残している。


16. Kutter Crawford, RHP, Florida Gulf Coast (Jr.)

B/T: R-R
Height: 6-1
Weight: 190
Last Drafted: Never Drafted
Ranking: None

Comments: 兄は13年のDETのドラ1であるJonathan Crawford (CIN)。兄弟揃ってDDにドラフトされたことになる。二年間をJuCoで過ごし、今年からFGCUへ。Chris Saleのカレッジの後輩。兄同様に身長は高くないが、80 mph中盤だった速球が、今季は94 mphを記録。カッターなど、5球種を投げる。今季はイニング数を上回る奪三振を記録している。


17. Frankie Rios, SS, Southern California (rJr.)

B/T: R-R
Height: 5-10
Weight: 185
Last Drafted: Never Drafted
Ranking: None

Comments: 小柄だがエネルギッシュな選手で、パワーもある。カレッジのチームではクリーナップを打っていた。守備もソリッド。スピードは平均以上。


18. Dominic LoBrutto, LHP, Florida International (Jr.)

B/T: L-L
Height: 6-3
Weight: 190
Last Drafted: Never Drafted
Ranking: None

Comments: ソフモアの時は防御率1点台、と好投したが、今季は成績が悪化。MLBの公式では6'3"となっているが、レポートでは6'1"。


19. Angel Gonzalez, CF, Colegio Hector Urdaneta HS, PR (HS)

B/T: R-R
Height: 6-2
Weight: 180
Commitment: Alabama State
Ranking: None

Comments: 細身の身体で、スピードが武器。守備の勘に優れ、後退の捕球も上手くこなす。肩も非常に強い。コンパクトなスウィング。スウィングスピードはあるが、現状では多くの長打を打てていない。


20. David Durden, CF, Emanuel County Institute, GA (HS)

B/T: R-R
Height: 6-2
Weight: 180
Commitment: Mercer (Football)
Ranking: None

Comments: カレッジのコミットはフットボールでのもの。WRでプレーしている。素晴らしいアスリート。


21. Lukas Young, RHP, Mobile (Jr.)

B/T: R-R
Height: 6-2
Weight: 190
Last Drafted: Never Drafted
Ranking: None

Comments: 二年間をJuCoで過ごした後、NCAAではなく、NAIAに所属するカレッジでプレーしている。このレベルでは9度の完封など、素晴らしい投球でエースに君臨している。


22. Hunter Haworth, RHP, Cal State-Chico (Jr.)

B/T: R-R
Height: 6-4
Weight: 215
Last Drafted: Never Drafted
Ranking: None

Comments: D-IIで投げている、優れた体格の右腕。カレッジでの成績は素晴らしい。


23. Donny Diaz, RHP, San Jacinto North (JC-rSo.)

B/T: R-R
Height: 6-0
Weight: 230
Last Drafted: Never Drafted
Commitment: Texas
Ranking: PG #252

Comments: BAのTexas州のリストで#54の選手。Day 3で指名した中では大物の一人。ただプロ入りしなければ、来季はTexas大でプレーできるコミットがある。元々は今季からTexas大でプレーの予定だったが、トランスファーできなかったよう。速球は92~95 mph。カレッジではクローザーを務めている。30 IPで60 Kと三振を奪える選手。


24. Charlie Madden, C, Mercer (Sr.)

B/T: R-R
Height: 6-3
Weight: 205
Last Drafted: 25th round (16') by CWS
Ranking: None

Comments: 昨年CWSにドラフトされたがカレッジに戻っている。ディフェンスが武器だが、優れた体格で、今季17発のパワーもある。


25. Kory Behenna, LHP, Wingate (Jr.)

B/T: L-L
Height: 6-2
Weight: 185
Last Drafted: Never Drafted
Ranking: None

Comments: カレッジでもリリーフ。制球の良さが売り。


26. Trenton Denholm, RHP, Oak Ridge HS, CA (HS)

B/T: R-R
Height: 5-11
Weight: 180
Commitment: California-Urvine
Ranking: BA #404/PG #266

Comments: 投手としてはやや小柄。速球は87~91 mphとなっているが、もう少し出たといレポートも。現状ではややルーピーだが、カーブの回転は良い。チェンジアップは発展途上。コマンドは比較的良く、プラスになるかも。


27. Xavier LeGrant, 2B, Spartanburg Methodist College (JC-So.)

B/T: R-R
Height: 6-0
Weight: 175
Last Drafted: Never Drafted
Commitment: North Carolina State
Ranking: None

Comments: フレッシュマンの時はNC Stateでプレー。開幕からしばらくレギュラーだったようだが、機会を失い、今季はJuCoへトランスファー。SP.comによると来季再びNC Stateに戻るようだがあってるのかな?守備に優れて、アベレージも残せる可能性。HS時代もそこそこ期待された選手のようなので、ポテンシャルはあるかも。


28. Oraj Anu, RF, Home School-Orland (HS)

B/T: S-S
Height: 6-2
Weight: 210
Commitment: Florida International
Ranking: BA #472/PG #461

Comments: 出身はキューバのよう。現在はHSに通わずにホームスクール扱い。母親は元オリンピックの陸上選手。両打席から優れたバットスピードでパワーを発揮するが、この春のショーケースではあまり活躍できなかった。MLB公式によると、投げるのも両利きのよう。


29. Tyler Dearden, CF, Rancocas Valley Regional HS, NJ (HS)

B/T: L-R
Height: 6-1
Weight: 155
Commitment: Pennsylvania State
Ranking: BA #449

Comments: 北東部New Jersey州出身。バットスピードがあり、非常に大きなフォロースルーを取る。上背はないが、パワーの可能性を秘める。スピードは平均以下。肩もあまり強くなく、将来的にはLFか1Bに限られるだろうと。進学の場合はソフモアでドラフト資格を得る。


30. Andrew Carber, RHP, Chipola JC (JC-rSo.)

B/T: R-R
Height: 6-9
Weight: 230
Last Drafted: Never Drafted
Commitment: None
Ranking: None

Comments: BAのFlorida州のリストで#155の選手。6'9"と凄まじい長身を誇る右腕。既に22歳と年齢は高め。JuCoでトップクラスの強豪Chipola JCでプレーする。フレッシュマンの時はClemson大に在籍したが、出番がなくRed-Shirtに。昨年はConnecticut州のHartford大でプレーしたよう。

 
31. Michael Osinski, 3B/SS, Longwood (Jr.)

B/T: R-R
Height: 6-2
Weight: 195
Last Drafted: Never Drafted
Ranking: None

Comments: BAのVirginia州のリストで#13の選手。カレッジではSSだったが、3Bとしてコールされている。まずまずのバットスピードだが、3Bに相応しいパワーは無さそう。スピード・肩は平均的。今夏にCape Cod Leagueのチームと契約してプレーする機会を得ているが、そのままBOSと契約するよう。


32. Taylor Ahearn, RHP, Cal State-San Marcos (Jr.)

B/T: R-R
Height: 6-1
Weight: 190
Last Drafted: Never Drafted
Ranking: None

Comments: D-IIでプレーする右腕。投手陣で最多のイニングを投げ、チームを引っ張った。


33. Tanner Raiburn, LHP, Grambling State (Sr.)

B/T: L-L
Height: 5-9
Weight: 175
Last Drafted: Never Drafted
Ranking: None

Comments: ドラ30のAndrew Carberとは1フットも身長に差がある。イニング数以上の三振を奪い、カンファレンスのセカンドチームに選出。


34. Luis Torres, CF, Elvira M Colon HS, PR (HS)

B/T: R-R
Height: 5-11
Weight: 175
Commitment: Taft JC
Ranking: None

Comments: ほとんど情報の無い選手。JuCoへのコミットなので、引き抜けるかも。


35. Trey Ganns, 1B/LHP, Northern Kentucky (Jr.)

B/T: L-L
Height: 6-2
Weight: 225
Last Drafted: Never Drafted
Ranking: None

Comments: カレッジでは投手としてもプレーしていたが、あまり目立つ成績は残せず、BOSは野手としてドラフト。まずまずのパワーもある。


36. Rio Gomez, LHP, Arizona (rSr.)

B/T: L-L
Height: 6-0
Weight: 190
Last Drafted: Never Drafted
Ranking: None

Comments: カレッジ五年目の選手。父はESPNのレポーターのPedro Gomez。


37. Carson Teel, LHP, Oklahoma State (So.)

B/T: L-L
Height: 6-0
Weight: 160
Last Drafted: Never Drafted
Ranking: None

Comments: BAのOklahoma州のリストで#20の選手。速球は88~90 mphと平凡。ソフモアなので契約は難しいよう。


38. Jose Garcia, C, Doral Academy, FL (HS)

B/T: R-R
Height: 6-0
Weight: 205
Commitment: Florida International
Ranking: None

Comments: BAのFlorida州のリストで#73の選手。HSでも活躍していたようで、カレッジ進学が濃厚。


39. Ridge Chapman, RHP, Spartanburg Methodist (JC-So.)

B/T: R-R
Height: 6-2
Weight: 195
Last Drafted: Never Drafted
Commitment: South Carolina
Ranking: None

Comments: ドラ27のXavier LeGrantと同じJuCoでプレー。奪三振率が非常に高い。USCのコミットでは進学が有力。


40. Cody Masters, CF, Coppell HS, TX (HS)

B/T: S-L
Height: 6-1
Weight: 190
Commitment: Texas Tech
Ranking: None

Comments:左投げ両打ちの選手。


[Summary of Day 3]

昨年までならNick Quintana (Rd.11)とかAustin Bergner (Rd.38)みたいな大物を一応指名しておいて、上との契約状況如何で交渉できる体制をとっていたが、実際にそれが功を奏したことはない。BOSのようにスロットプールの小さいチームではよりそうだろう。今季は特にドラ10までとの契約に関してかなり堅い線で見ているのではないかという気もする。

そういった意味で、どのみち無駄な(まぁ三年後の布石という意味も無くはないだろうけど)ピックをすることなく、ロスターフィラーを中心に、何人かは契約可能性のありそうなミッドレベルのHS選手を指名した点は個人的には評価している。

目を引く選手としては、Andre Colon (SS, Rd.11)、Beau Hanna (C, Rd.12)、Aaron Perry (RHP, Rd.14)、Trenton Denholm (RHP, Rd.26)、Oraj Anu (RF, Rd.28)、Tyler Dearden (CF, Rd.29)、Jose Garcia (C, Rd.38)、Cody Masters (OF, Rd.40)、それにJucoだがDonny Diaz (RHP, Rd.23)あたりか。

特にHanna、Perry、Denholm、Anu、Dearden、Diazの中から2人ほど契約できれば面白い。少なくともHannaは契約するようだ。またランキング等では目立たないが、Kutter Crawford (RHP, Rd.16)もドラ1の弟という肩書と、今季球速が上がっていることから、少し面白いんじゃないかと思っている。

ドラ10まででProspectと呼べるのは、ドラ7まで。内訳では、RHP-4、2B-1、OF-2。こう見るとLHPやSS、C-IF、捕手あたりが弱く感じる。Hannaは1Bになると言われているし、3Bは比較的厚いので良いとしても、上記の選手の何人かがそのあたりを補填できれば。まぁ捕手やSSに関しては、海外FAで大物を獲れそうなのも少しは影響したかも。

初日から通して、派手さはないものの、順位相応にソリッドな指名を続け、トータルで見ると、まずまずバランスも取れた。再三書いているように、リリーフの可能性が言われている選手が多く、指名した選手自体、個人的にもの凄く好みの選手はおらず、興奮はしていないが、二日目評価維持の65~70/100程度の評価としたい。

2 件のコメント:

K.F. (WJR5) さんのコメント...

ご無沙汰してます~。

ドラフトお疲れさまでした。
27巡目で元NC StateのXavier LeGrantが指名されましたね!
2016年のFr.ではトップの選手で初打席初スイングHRなど序盤は2Bのレギュラー格だったけど、先輩の台頭で出番を失ってJCにトランスファーしちゃいました。
4年制大学へのコミットはないのかな?
2年前はBA249位でそこそこ評価されてましたし、頑張ってもらいたいです。

ララ さんのコメント...

WJR5さん

返信遅くなり申し訳ありません。

LeGrantの貴重な情報ありがとうございます。JuCoの選手でそういうタイプなら、上手く磨けば伸びしろはあるかもしれませんね。今のBOS傘下は非常に薄くなったので、チャンスをモノにして欲しいです。