BOSの3Bをどうすべきだと思いますか?

2017年6月29日木曜日

Prospect Profile: Tanner Houck, RHP

今回は、栄えある今季のドラ1、Tanner Houckくん。アームスロットの低さがかつてのJustin Mastersonを思い出します。Mastersonも一時期CLEのエースになったし、Houckもそのくらいまで伸びてくれれば嬉しいですね。


[Player Data]

Name: Tanner Houck (タナー・ハウク)
Full Name: Tanner Lee Houck
Position: RHSP
Born: June 29, 1996
Birthplace: Collinsville, Illinois
Height: 6-5
Weight: 220
Bats: Right
Throws: Right
Drafted: 1st round, 2017
How Acquired: Draft
Signing Bonus: $2,614,500
College: Missouri
High School: Collinsville HS (IL)
Player Link: MiLB.com, Fan Graphs, Baseball Reference, Baseball Cube, SP.com


[Scouting Report]

少し細身に見える長身だが、力の入った、かなり低めのアームスロットで投げる。Max ScherzerやChris Saleを思わせる投げ方だ。腕を引いた時にかなり肘を高く上げるフォームで、一般的にはあまり好まれない投げ方だが、本人はそれを上手く自分のものにしており、常時92~96 mph、最速98 mphと素晴らしい球威を誇る。非常によく沈むシンカーで、基本的にはこのシンカーをメインに投げるシンカーボーラー。スライダーもプラスと言われるが、プロではよりタイトに整える必要がありそう。現状2ピッチ投手で、チェンジアップはかなり未熟。


[Background]

ドラフト時のランキングはBA #22/MLB #20/PG #26。


[Profile]


[Comment]

ジュニアーイヤーに少し球威を落とし、成績も低下している。球速が最大限戻ればMastersonのようにシンカー・スライダーでもかなり戦えるだろうけど、現状の球速だと、チェンジアップをしっかり磨かないと先発中位以上にはなれなそう。しっかり先発に育って欲しいけど。

1 件のコメント:

赤とんぼ さんのコメント...

書き忘れました(汗) Lin頑張ってますね! Bogaertsが(発熱?)で試合直前にスクラッチされてSSで先発、攻守にキラリ!でした、先が楽しみです!