プレーオフのローテは誰が務めるべき?(複数回答可)

プレーオフのブルペンは誰が務めるべき?(複数回答可)

2017年6月30日金曜日

17' Vanderbilt Commodores Season Stats

まとめるのが遅くなりましたが、Vanderbilt大の今季の各選手のスタッツまとめです。昨年のDonny Everettが亡くなるという悲劇の後遺症もあったのか、なかなかチーム状態が上がらず。エースのKyle Wright (Jr.-RHP)も開幕から不振。ここ数年、勝つのが当たり前のチームだっただけにストレスが溜まりました。来年も大きく伸びるとは思えませんが、また少しずつ強豪に戻るためのステップを踏みたい。


[Pitchers]

☆ Patrick Raby (So.-RHSP) : 16-16 G-GS/W10-L4/2.73 ERA/105.1 IP/89 H/7 HR/38 R/32 ER/30 BB/4 HBP/87 K

☆ Kyle Wright (Jr.-RHSP) : 16-16 G-GS/W5-L6/3.40 ERA/103.1 IP/82 H/3 HR/45 R/39 ER/31 BB/5 HBP/121 K

☆ Drake Fellows (Fr.-RHSP/RP) : 16-10 G-GS/W3-L3/1 SV/3.30 ERA/62.2 IP/54 H/9 HR/28 R/23 ER/17 BB/3 HBP/68 K

☆ Chandler Day (So.-RHSP/RP) : 13-12 G-GS/W7-L2/3.78 ERA/52.1 IP/44 H/4 HR/23 R/22 ER/21 BB/15 HBP/53 K

☆ Matt Ruppenthal (Jr.-RHRP/SP) : 21-4 G-GS/W3-L3/3 SV/3.17 ERA/54.0 IP/40 H/8 HR/22 R/19 ER/19 BB/6 HBP/45 K

☆ Colin Snider (Jr.-RHRP/SP) : 21-1 G-GS/W3-L2/1 SV/5.40 ERA/33.1 IP/37 H/2 HR/27 R/20 ER/16 BB/4 HBP/29 K

☆ Maddux Conger (So.-RHRP/SP) : 15-3 G-GS/W2-L1/4.96 ERA/32.2 IP/35H/5 HR/20 R/18 ER/17 BB/4 HBP/28 K

☆ Reed Hayes (Jr.-RHRP/LF/RF) : 21-0 G-GS/W0-L2/7 SV/5.75 ERA/20.1 IP/22 H/0 HR/15 R/13 ER/13 BB/1 HBP/25 K

☆ Paxton Stovar (Jr.-LHRP) : 15-0 G-GS/W1-L0/6.41 ERA/19.2 IP/16 H/2 HR/17 R/14 ER/18 BB/1 HBP/21 K

☆ Jackson Gillis (Fr.-LHRP) : 16-0 G-GS/W0-L0/3.60 ERA/15.0 IP/9 H/2 HR/8 R/6 ER/11 BB/1 HBP/19 K

☆ Penn Murfee (rJr.-RHRP) : 10-0 G-GS/W0-L1/4.91 ERA/11.0 IP/10 H/2 HR/7 R/6 ER/4 BB/4 HBP/6 K

☆ Matt McGarry (So.-RHRP) : 5-0 G-GS/W0-L0/8.59 ERA/7.1 IP/2 H/0 HR/7 R/7 ER/12 BB/2 HBP/8 K

☆ Michael Sandborn (Fr.-LHRP) : 3-0 G-GS/W0-L0/0.00 ERA/3.0 IP/0 H/0 HR/0 R/0 ER/1 BB/1 HBP/3 K

☆ Joey Abraham (Jr.-RHP) : DNP

☆ Justin Wilson (So.-RHP) : DNP

☆ A.J. Franklin (rFr.-LHP) : DNP

☆ Reid Schaller (Fr.-RHP) : DNP


[Comments for Pitchers]

エースのWrightが開幕から不振。2ヶ月ほど勝ちに恵まれず、とうとうPatrick Raby (So.-RHP)に金曜スターターを譲ることに。そこから復調してトータルでは素晴らしい成績を残し、17年ドラフトでも全体1位有力と言われたのは良かったけど、チームを引っ張る立場としてはチームを引っ張れなかったのは残念。

逆に、Rabyは開幕から終始安定してチームを引っ張った。ただここ数年のエースと比べると少しスタッフが弱いか、強豪相手にはなかなか勝てず。夏のTeam USAにも選ばれたし、来年は一回り大きくなって欲しい。先発三番手は当初Maddux Conger (So.-RHP)が務めたが、少し先発は荷が重く、途中からはフレッシュマンながら三振を取れるDrake Fellows (Fr.-RHP)に。

一時期Chander Day (So.-RHP)がFellowsが調子を落とした時期に取って代わったが、最終的にはDayも週末ローテでは結果が出なかった。Fellows、Dayは来季のローテ有力だが、シーズン通してコンスタントに投げられるように成長して欲しい。

一方、リリーフはそれ以上の惨状。昨年抑えに定着したMatt Ruppenthal (Jr.-RHP)がピリッとせず。最終盤は復調して先発で使われたりもしたが、実績のある彼の不振は序盤の取りこぼしにつながった。一方、Ruppenthalに代わって途中からクローザーを務めた、トランスファーのReed Hayes (Jr.-RHP/OF)だが、防御率が示すように盤石とは言えず。

来季の見通しも厳しい。制球難に喘いだ、Jackson Gillis (Fr.-LHP)、Matt McGarry (So.-RHP)、そしてCongerやPaxton Stover (So.-LHP)らのがんばりが最低限必要だろう。新人では、Fellowsの台頭は大きかったし、Gillisも可能性は見せた。来季も新たなる力の台頭に期待したい。


[Hitters]

☆ Jeren Kendall (Jr.-CF) : 62-62 G-GS/261 AB/80 H/10 2B/5 3B/15 HR/59 R/53 RBI/24 BB/5 HBP/74 SO/20 SB/4 CS/.307 AVG/.372 OBP/.556 SLG

☆ Julian Infante (So.-1B) : 62-62 G-GS/251 AB/79 H/16 2B/1 3B/11 HR/51 R/66 RBI/27 BB/3 HBP/59 SO/0 SB/1 CS/.315 AVG/.387 OBP/.518 SLG

☆ Jason Delay (Jr.-C) : 59-58 G-GS/207 AB/64 H/18 2B/2 3B/2 HR/31 R/41 RBI/18 BB/8 HBP/44 SO/1 SB/2 CS/.309 AVG/.381 OBP/.444 SLG

☆ Will Toffey (Jr..-3B/SS) : 56-56 G-GS/206 AB/73 H/13 2B/1 3B/12 HR/55 R/64 RBI/48 BB/2 HBP/30 SO/5 SB/4 CS/.354 AVG/.475 OBP/.602 SLG

☆ Ethan Paul (So.-2B/3B) : 53-52 G-GS/199 AB/50 H/15 2B/1 3B/5 HR/34 R/27 RBI/18 BB/8 HBP/47 SO/5 SB/2 CS/.251 AVG/.336 OBP/.412 SLG

☆ Connor Kaiser (So.-SS/3B) : 62-59 G-GS/194 AB/43 H/7 2B/1 3B/1 HR/32 R/18 RBI/25 BB/3 HBP/44 SO/4 SB/0 CS/.222 AVG/.316 OBP/.284 SLG

☆ J.J. Bleday (Fr.-RF/LF) : 51-48 G-GS/164 AB/42 H/8 2B/0 3B/2 HR/23 R/22 RBI/34 BB/0 HBP/26 SO/0 SB/2 CS/.256 AVG/.384 OBP/.341 SLG

☆ Reed Hayes (Jr.-RHP/LF/RF) : 48-32 G-GS/163 AB/45 H/10 2B/2 3B/0 HR/30 R/36 RBI/24 BB/3 HBP/33 SO/4 SB/5 CS/.276 AVG/.375 OBP/.362 SLG

☆ Ro Coleman (Sr.-LF/CF) : 56-32 G-GS/131 AB/38 H/3 2B/1 3B/0 HR/20 R/8 RBI/9 BB/3 HBP/10 SO/7 SB/2 CS/.290 AVG/.347 OBP/.328 SLG

☆ Stephen Scott (So.-LF/RF) : 38-32 G-GS/119 AB/27 H/4 2B/0 3B/2 HR/25 R/11 RBI/20 BB/3 HBP/32 SO/3 SB/0 CS/.227 AVG/.347 OBP/.311 SLG

☆ Alonzo Jones (So.-2B/SS) : 35-25 G-GS/95 AB/21 H/3 2B/2 3B/0 HR/19 R/10 RBI/18 BB/2 HBP/28 SO/3 SB/1 CS/.221 AVG/.357 OBP/.295 SLG

☆ Harrison Ray (Fr.-RF/2B/3B) : 32-17 G-GS/78 AB/19 H/2 2B/1 3B/1 HR/16 R/12 RBI/11 BB/1 HBP/20 SO/2 SB/3 CS/.244 AVG/.333 OBP/.333 SLG

☆ Walker Grisanti (So.-LF/RF/CF) : 21-2 G-GS/30 AB/8 H/2 2B/0 3B/0 HR/7 R/4 RBI/2 BB/1 HBP/17 SO/0 SB/0 CS/.267 AVG/.333 OBP/.333 SLG

☆ Ty Duvall (Fr.-C) : 17-4 G-GS/24 AB/9 H/3 2B/0 3B/0 HR/6 R/6 RBI/6 BB/1 HBP/6 SO/0 SB/0 CS/.375 AVG/.516 OBP/.500 SLG

☆ Alex Brewer (Fr.-1B/3B) : 14-2 G-GS/15 AB/0 H/0 2B/0 3B/0 HR/1 R/1 RBI/3 BB/0 HBP/5 SO/0 SB/0 CS/.000 AVG/.167 OBP/.000 SLG

☆ Kiambu Fentress (rFr.-LF) : 6-0 G-GS/4 AB/1 H/0 2B/0 3B/0 HR/0 R/0 RBI/0 BB/0 HBP/0 SO/0 SB/0 CS/.250 AVG/.250 OBP/.250 SLG


[Comments for Hitters]

投手も盤石ではなかったにしろ、問題は今年も野手。Jeren Kendall (Jr.-OF)は最終的にドラフト株を下げたように、三振の多さと早打ちは今年も変わらなかったが、なんだかんだ援護の少ない打線で最低限の仕事はした。

また同じくドラフトで指名され、プロに進むであろうWill Toffey (Jr.-3B)も途中少し離脱はあったものの、昨年の0 HRから復調し、最終的にはチーム最高の打者となった。少ない機会で可能性を見せたTy Duvall (Fr.-C)を結局ほとんどベンチに座らせた、Jason Delay (Jr.-C)や、シニアーのRo Coleman (Sr.-OF)、それにクローザーと兼任で途中からDHのファーストチョイスとなったReed Hayes (RHP/OF)などベテラン陣はまずまずだった。

しかし、尻すぼみながらも、チームの主軸となったJulian Infante (So.-1B)を除いたソフモア陣の伸びが全くなかったのが致命的。打撃が売りではないConnor Kaiser (So.-IF)はまだしも、Alonzo Jones (So.-IF)とEthan Paul (So.-IF)がオフェンスでは全く戦力にならず。パワー面はまだしも、Kendallを除けば10盗塁すらいないという、点を取るための必死さが感じられなかった。

J.J. Bleday (Fr.-OF)も開幕直後だけだったが、Harrison Ray (Fr.-UT)と共に、ある程度の経験を得たが、来季はKendall、Toffeyが抜ける。現状ではInfante以外何も期待できない打線だし、夏の間の個々のレベルアップは必須。

0 件のコメント: