2012年8月21日火曜日

Former Sox Prospect Review: Michael McKenry, C

今回は、現在PITでRod Barajasからレギュラーを奪いつつある、Michael McKenry。BOSにいた期間は短かったですが、活躍しているのを見ると嬉しくなります。


[Player Data]

Name: Michael McKenry (マイケル・マッケンリー)
Full Name: Michael Charles McKenry
Position: C/3B
Born: March 4, 1985
Birthplace: Knoxville, Tennessee
Height: 5-10
Weight: 205
Bats: Right
Throws: Right
Drafted: 7th round, 2006 by Colorado
How Acquired: Acquired from Colorado for Daniel Turpen (March 2011)
College: Middle Tennessee State
High School: Farragut HS (TN)
MLB Debut: September 8, 2010 (Colorado)
How Left: Traded to Pittsburgh (June 2011)
Player Link: MLB.com, Fan Graphs, Baseball Reference, Baseball Cube, SP.com


[Scouting Report]

ずんぐりした捕手らしい体格。さほど器用な選手ではなく、当てるのはまずまずといったところだが、しっかりしたパワーと、良くボールを見るスキルで、MLBのBackup捕手としては悪くない打力を持つ可能性がある。また守備の良さにも定評のある選手で、強肩で、投手をリードするスキルにも優れている。


[Background]

Middle Tennessee State大出身で、Bryce Brentzの先輩にあたる。COL傘下でも、しっかりした打撃成績を残してきており、悪くないProspectだと見なされていたが、傘下には同じ捕手でTop ProspectのWillin Rosarioがいたため、ややブロックされた形となっていた。傘下上層のLuis ExpositoやMark Wagnerが打撃面で伸び悩んでおり、捕手のデプスに不安を持っていたBOSがトレードで獲得。


[Profile]

11' : AAA Pawtucketで、Expositoと併用され、AVG .274と悪くない成績を残す。

11' Jun. : Jason VaritekやJarrod Saltalamacchiaのケガもあったが、上に呼ばれることなく、捕手不足に陥っていたPITにトレード。

11' : PITで多くの機会を得るが、AVGが伸び悩んだ。

12' : MLBの出場機会のほぼ半分を得た。AVGはイマイチも12 HRとパワーを見せ、控え捕手としては十分なポテンシャルを見せた。

13' : Russell Martinの加入もあり、機会減少。ケガにも悩まされた。

14' : 再びCOL傘下に復帰。控えながら、パワー面も含めて申し分ない働き。

15' : 控え捕手としてプレーするが、打撃面が急落。

16' : STL、TEX、ATL、MILと1年で4チームを渡り歩いた。STLで3試合MLBの試合に出場。


[Comment]

当時もしっかりした成績を残していたし、今の活躍からすると、もう少し見返りが欲しかったなと。PITは良い獲得でしたね。上昇気流のチームでしっかりと地位を固めて、ガンバって欲しいと思います。

0 件のコメント: