2012年8月29日水曜日

Former Sox Prospect Review: Miguel Socolovich, RHP

今回は、長いMinor生活から、今季MLBを飾った、Miguel Socolovich。BOSのMinor時代をほとんど知らない選手ですが。BALも何気、うちにゆかりのある選手多いですね。


[Player Data]

Name: Miguel Socolovich (ミゲル・ソコロヴィッチ)
Full Name: Miguel A. Socolovich
Position: RHRP
Born: July 24, 1986
Birthplace: Caracas, Venezuela
Height: 6-1
Weight: 195
Bats: Right
Throws: Right
Drafted: Not Drafted
How Acquired: International free agent (January 2004)
Signing Bonus: $60,000
MLB Debut: July 14, 2012 (Baltimore)
How Left: Traded to Chicago White Sox with Willy Mota for David Aardsma (January 2008)
Player Link: MLB.comFan GraphsBaseball ReferenceBaseball CubeSP.com


[Scouting Report]

平均的なサイズ。88~92 mphの速球を中心に投げる。86~87 mphのスライダーと、80 mph前半のチェンジアップを交える。


[Background]

Dan Duquett GM時代の04年に契約。この年は結構な人数のInt. FAと契約しているが、MLBデビューしたのは、SocolovichとFelix Doubront(04年の7月ですが)だけ。


[Profile]

04' : VSLでプロデビュー。

05' : TJを受けて全休。

06' : 復帰し、GCLでUSデビュー。やや制球に苦しむ。

07' : SS-A Lowellで先発として投げ、Low-A Greenvilleに昇格も打たれた。

08' Jan. : David Aardsmaの見返りでCWSへ。

08' : CWSのLow-Aでプレー。

09' : リリーフがメインとなり、High-A/AAで平凡な投球。

10' : CWS傘下AA/AAAで被打率が向上。

11' : AAAでイニングを大きく上回る奪三振数を記録もMLBデビューは無し。

12' : MiLFAでBALに移り、MLBデビュー。しかし8月にはDFAされた。

13' : 日本の広島東洋カープでプレー。

14' : MLB傘下に復帰。NYM傘下で投げるが平凡。

15' : STLで26試合に登板し、防御率1点台。

16' : STLで後半戦リリーフとして好投。18 IPでたった5 Hと被打率が素晴らしかった。


[Comment]

12年はマイナーで良い成績を残しMLBデビュー。本質的にはどこにでもいる平凡なリリーフなんだろうけど、BOSのOBだしガンバって欲しいとは思う。

0 件のコメント: