今年のレッドソックスについてどう思いますか?

2012年10月19日金曜日

12'-13' Offseason Boston Red Sox Outlook - Middle Infielder

M-IF編です。予想通り失敗だったトレードで、Jed Lowrie (HOU)を出し、やっぱりSSの打撃は今年も弱かった。守備は良いとしても、もう少し打てるSSが欲しいんですが、某GMは最近パワーレスなSSのコレクションに熱中しています。

*黒字は基本的に枠確定しているメンバー。赤字はトレードやNon-tender等で、流出の可能性あり。緑字はMinorから枠を争う選手。灰色はFAなど流出がほぼ確定的な選手。


[13' Middle Infielder Outlook]

2B Dustin Pedroia (13': $10M, 14': $10M, 15': $11M option)

UT Mike Aviles (13': arb.2)
UT Pedro Ciriaco (13': min., MiL option: 0)
IF Ivan De Jesus Jr. (13': min., MiL option: 0)

SS Jose Iglesias (13': min., MiL option: 1)

*SS Xander Bogaerts (under MiL contract)
*IF Tony Thomas (under MiL contract, Rule 5)
*IF Ryan Dent (under MiL contract, Rule 5)

*IF Nate Spears

Pedroiaの2Bは確定。ややケガが増えてきてるし、ケガを抱えたままムリをすることも多いけど、13年に関しては、万が一優勝争いとかにならない限り、14年、15年の勝負を見据えて、しっかりコンディションを整えながら出場して欲しい。控えはSSも兼ねて、CiriacoかDe Jesus Jr.かというところだけど、12年の実績、それにSS守備も考慮して、Ciriacoが優勢で間違いない。もちろんコンタクトという意味では不安もあるけど、De Jesusにしてもそれは似たりよったりだろう。

SSに関しては、J. Iglesiasを使うか、もう1年弱をAvilesに任せるかというところ。Iglesiasを使うなら、レギュラーでしっかり機会を与えないといけないし、不満を表しそうなAvilesは出してしまう方が良いに決まっている。逆にIglesiasはまだMinorで修行が必要となれば、順当にAvilesになるだろう。TEXがJosh Hamiltonと契約できなかった場合に、Ellsburyを軸に、トレードでElvis Andrusを獲得できないか、なんて話もあるけど、引く手数多だろうし、夢に過ぎない。FAという選択肢を取るくらいなら、Avilesを残すだろうし。

個人的には、上ではIglesiasはMinorから枠を争うとしているけど、どちらかというとIglesiasを開幕からMLBで起用する方を考えている。見た打席があまり悪くなかったというのもあるが、13年は再建期とも考えているし、まずは打撃度外視でじっくり使ってみれば良いんじゃないかと。勝負となる14年にオプション切れが確定していて、いざという時にロスターから動かせないというのも好ましい状況ではないし。Avilesは買い手が全くないということもないだろうし、何らかのトレードに絡めれば(C-IF編でKendrys Moralesの見返りの一部にどうか?なんて書いています)。

Minorで考慮すべき選手は、Iglesiasを除けば、X. Bogaertsのみ。まださすがに早いだろうが、12年はブレイクとなった11年から更に進化している印象で、この成長力からすれば、13年中に上でチャンスをもらっても不思議ではない。守備の方は、さすがにSSとしてはまだまだ不足もあるだろうが、身体に筋肉が付きすぎない、若いうちは一応SSでプレーできるのでは、というレポートも出てきており、打力に欠けるIglesiasと併用するのは魅力的なプラン。あまり若い選手に守備の負担は掛けたくないが、3BやRF/LFでも起用しながら、攻撃的に行きたい場合に、SSスタメンという使い方も理論上はできる。


[13' My Expected Middle Infielders]

2B: Dustin Pedroia, 2B
SS: Jose Iglesias, SS
IF: Pedro Ciriaco, UT

上で書いた通り、Pedroia、IglesiasにCiriacoで。Iglesias、Ciriacoという組み合わせでは、さすがにSSの打撃は弱いし、9番にしかならないだろうから、他のポジションの選手はそれをフォローできるようにしっかり打って欲しい。

0 件のコメント: