2013年6月28日金曜日

Former Sox Prospect Review: Tony Thomas, 2B/LF

今回は、今季から本格的にOFへ転向し、開幕からAA Portlandで4番を任されている、Tony Thomas。パワーとスピードを兼ね備え、もう少し確実性が上がれば、デプスにはなるかもしれない。


[Player Data]

Name: Tony Thomas (トニー・トーマス)
Full Name: Anthony Thomas
Position: 2B/LF/3B/RF/SS
Born: July 10, 1986
Birthplace: New Orleans, Louisiana
Height: 5-10
Weight: 180
Bats: Right
Throws: Right
Drafted: 3rd round, 2007 by Chicago Cubs
How Acquired: Acquired from Chicago Cubs for Robert Coello (February 2011)
College: Florida State
High School: Bloomingdale HS (FL)
How Left: Minor league free agency, sigend with Minnesota (November 2013)
Player Link: MiLB.com, Fan Graphs, Baseball Reference, Baseball Cube, SP.com


[Scouting Report]

身長は高くないが、アスレティックで、バネのある身体。コンタクトに関しては平均以下で、非常に三振が多い。一方、パワー・スピードといった身体系ツールは平均以上のものを持っている。粗削りな選手で、守備に関してもあまり磨かれておらず、13年は本格的にLFに転向した。


[Background]

Florida State大では、ジュニアーのシーズンに大活躍し、CHCからドラ3と高順位で指名された。09、10年と連続で2ケタHRを放ち、2Bとしてはパワーを見せたが、一方で3年連続で100三振超え。


[Profile]

11' : AA PortlandでBOS傘下デビュー。AAA Pawtucketと2クラスでプレー。MLBとAAAを行ったり来たりする選手に合わせて、DLに入ったりしながら、ロスターフィラー的にプレー。

12' : AAAで前年同様にロスターフィラー的にプレーするが、223 ABで10 HRとパワーを見せた。

13' : AAでLFに本格転向。パワー、スピードはあるが、やはり早打ちでコンタクトはイマイチ。

13' Nov. : MiLFAに。

14' : MIN傘下のAAで、SSも含めてユーティリティーとしてプレー。12 HRとやはりパワーはまずまず。

15' : PHI/DET/CWSでプレー。キャリアで初めてSSの守備にも就いた。

16' : 独立リーグでプレー。


[Comment]

OFは人材豊富だし、オフにMiLFAなので、BOSで見る機会はなさそうですが。

0 件のコメント: