今年のレッドソックスについてどう思いますか?

2013年6月16日日曜日

Prospect Profile: Trey Ball, LHP

今回は、13年のドラ1、Trey Ballくん。本当に久しぶりの全体#7という高順位ということもあり、Austin Meadows (PIT)などの超有名選手を期待していたので、ドラフト当日はちょっと肩透かしの気分ではありましたが、13年ドラフトでもNo.1左腕と言われていた選手。上限は十分に高いし、しっかり育ってくれるように応援していきたいと思います。


[Player Data]

Name: Trey Ball (トレイ・ボール)
Full Name: Ronald Eugene Ball
Position: LHSP/(CF)
Born: June 27, 1994
Birthplace: New Castle, Indiana
Height: 6-6
Weight: 190
Bats: Left
Throws: Left
Drafted: 1st round, 2013
How Acquired: Draft
Signing Bonus: $2,750,000
High School: New Castle HS (IN)
Player Link: MiLB.com, Fan Graphs, Baseball Reference, Baseball CubeSP.com


[Scouting Report]

細身で非常に長身の左腕。非常にアスレティックで、60ヤードを6.7 sで走る。速球は昨季は89~92 mphが多かったのが、今季は安定して91~94 mphを出している。Baseball Prospectusによれば96 mphを出したとも。寒い北部出身で、特に寒くて雨の多い13年の春でそれなので、平均球速は筋肉が付けば、さらに伸びると見られる。75~78 mphのカーブはプラスの可能性と言われるが、不安定な傾向が強い。HSのJuniorまでは、腕のリスクを考えて父親に投げるのを禁止されていたそう。80~83 mphのチェンジアップの方が現状では良いボール。速球と同じアームスピードで投げ、良く落ちる。少し力の入ったフォームで投げ、コマンドはイマイチ。OFとしては、強肩で、優れたバットスピードを持ち、広角に打球を飛ばす。非常に長身の左腕ということで、BOSの11年ドラ1sのHenry Owensと比較される。


[Background]

ドラフト前年の12年のシーズン中にもBOSがスカウティングしていたそう。投手としての評価の方が高いが、OFとしてもトップクラスで、クラスでNo.1の2way選手だった。ドラフト時のランキングはBA #9/PG #12。


[Profile]

13' : GCLでプロデビュー。期待のドラ1だが、短い期間でそのポテンシャルを示すには至らず。これだけ少ないサンプルだし、スタッツを見て大騒ぎをしても仕方ないのだが、他チームの上位指名が全体的に好スタートを切る中で、全体7位指名という肩書からすれば、一度も光る登板が無かったのは残念。

14' : 少しSTに残ってトレーニングを積んだ後、Low-A Greenvilleへ。制球自体はボチボチだけど、被打率、奪三振率、ゴロ率の全てがイマイチ。後半戦は内容が向上、スタッフやメカニクスも改善傾向とは言え、各誌でかなりの酷評を受けた。

15' : 前年Low-Aを支配できず、少し尚早に思えたHigh-Aで、序盤はインプレッシブではないものの、それなりに投げていたが、内容は向上するどころか、8月は一気に悪化。BB/9、K/9、ゴロ率、被打率のいずれもイマイチ。

16' : 少し出遅れたあと、前年同様High-Aで一年過ごした。大崩れする試合は少なかったが、一方でK/BBが非常に悪く、少し向上したゴロ率以外、ほとんど成長がない点も情けない。

17' : AA Portlandで予想通りダメ。意外と空振り率は高いらしいが、結局奪三振率が低く、何より被打率が高すぎる。


[Comment]

非常にアスレティックな選手ではあるけど、やはりその長身だけに、早めにしっかりと筋肉を付けて、安定したフォームで投げれるようになることが重要。そうなれば球速に関しては問題なくなるでしょう。あとはセカンドピッチ以降がどれだけ伸びるか。Owensのように良い方向へ育って行って欲しいですね。

0 件のコメント: