今年のレッドソックスについてどう思いますか?

2015年10月14日水曜日

16' Preseason Position Outlook -Reliever-

16年シーズンの各ポジションのデプスチャートRP編です。デプス大好きBen Cherington前GMの影響か、MLBロスターには人数は非常に多いものの、中途半端な重なり方。上層は先発から転向したリリーフで上限は期待できそうな選手が多いが、こちらも人数が比較的多く、しっかりアピールしないと埋もれてしまいそう(*は40人ロスター登録選手)。


[MLB]
Reliever (Likely) : RHP Craig Kimbrel*, RHP Koji Uehara*, RHP Junichi Tazawa*, LHP Robbie Ross, Jr.*, LHP Tommy Layne*
Reliever (Possibly for 3 Spots) : LHP Roenis Elias*, RHP Matt Barnes*, RHP Noe Ramirez*
Depth : RHP Carlos Marmol, RHP Roman Mendez, RHP Heath Hembree*, RHP Pat Light*, LHP Willams Jerez*, LHP Edwin Escobar*, RHP Simon Mercedes
DL : RHP Carson Smith*, RHP Brandon Workman*

手首の骨折から復帰するであろう上原、15年は最終盤は早めに休養に入った田澤、代役として最後はクローザーを務めたR. Ross, Jr.の3人は契約が残り、基本的にはそのまま来季もブルペンに残るはずだが、いずれも全幅の信頼をおける状態では無くなっている。一応は上原が契約最終年もクローザーとして開幕を迎えるようだが、上原に何かあった場合に代役クローザーが務まるクラスの人材をセットアップに置いてなお、平均レベルのブルペンとなるかどうか。

他の顔ぶれに関しては、正直現段階では全くの不明。現状の40人枠には多くの名前が連なっているが、A. Ogando、Machi、R. Cookらに関してはノンテンダーの可能性も高い。Layneはアップグレードの可能性もあるが、対左の二枚目として残るかも。Ross, Jr.とどちらかはセットアップレベルも務まる左腕とリプレースしたい気もするが、優先度からすれば後回しになる可能性は高い。

S. Wright、BarnesはMLBのロスターに残るとすればリリーフだろう。Hembree、N. Ramirez、Aroなどは15年は負けシーズンということもあり、それなりの機会を稼いだが、マイナーオプションもあり、ブルペンの多くの顔ぶれが未定ということを考えると、マイナーに送ることを計算してロスターを組むことになりそう。

Workmanは15年半ばにTJだったので、開幕からは投げないだろう。復帰してもまずはAAAで調整だろうし。マイナーのデプスは、Light、Jerez、S. Mercedesなどがいて、まだMLBに上げるにはしばらく掛かりそうだが、可能性は持っている。ただRule 5ドラフト対象の選手が多く、プロテクトせずに他球団に獲られる選手も出てくるかも。

(11/6追記)Alexi Ogando、Ryan Cook、Jean MachiをDFA。
(11/13追記)Kimbrelを獲得。
(12/7追記)C. Smithを獲得。
(12/7追記)Eliasを獲得。


[AAA]
Reliever (Likely) : RHP Heath Hembree*, RHP Pat Light*, LHP Edwin Escobar*, RHP Jorge Marban
Reliever (Possibly for 2 Spots) : RHP Noe Ramirez*, RHP Anthony Varvaro, RHP Roman Mendez, RHP Keith Couch, LHP Edwin Escobar*, LHP Robby Scott

Hembree、Ramirez、Aroらのマイナーオプション持ちはAAAで開幕だろう。HembreeあたりはよっぽどSTで良ければ枠に食い込む可能性も無くはないが。加えてLightもほぼ間違いなく40人枠に入れてRule 5ドラフトでプロテクトするだろう。この4人に、あとはスウィングマンやAAAAタイプのアームを中心に、選手をDLと入れ替えながら戦っていくことになりそう。

(10/23追記)Marbanと再契約。
(12/7追記)Jonathan AroをSEAへトレード。
(12/15追記)Varvaroと再契約。
(2/16追記)Marmolと契約。
(3/28追記)Carlos Marmolをリリース。
(3/30追記)Danny Rosenbaumをリリース。


[AA]
Reliever (Likely) : LHP Willams Jerez*, RHP Simon Mercedes, LHP Luis Ysla, RHP Chandler Shepherd, RHP Kyle Martin
Reliever (Possibly for 3 Spots) : RHP Justin Haley, RHP Austin Maddox, RHP Heri Quevedo, RHP Mike McCarthy, RHP Anyelo LeClerc, RHP Johnny Polanco, RHP Mitch Atkins

Rule 5ドラフトで指名されなければJerezとS. Mercedesはここで開幕し、早めのAAA昇格を目指すことになりそう。いずれもリリーフとしてはまずまずの上限を持つので奪われたくはないが、全員をプロテクトするほどには40人枠の空きは無さそう。他ではYsla、Shepherdあたりはここでの開幕が濃厚。あとはK. Martinに、先発に入れないならHaleyやAuglieraあたりがリリーフに回りそう。Maddoxの近況はよく分からないが、ケガで投げれていないだけなら、そろそろAAに上げるかも。

(12/10追記)マイナーのRule 5ドラフトでLeClerc、J. Polancoを指名。
(2/24追記)Atkinsと契約。
(3/30追記)Jhonny Polancoをリリース。
(4/2追記)Mike Auglieraをリリース。


[High-A]
Reliever (Likely) : RHP Jamie Callahan, RHP Taylor Grover
Reliever (Possibly for 4 Spots) : RHP Jacob Dahlstrand, LHP Dedgar Jimenez, RHP Austin Maddox, LHP Jake Drehoff, RHP Jeffry Fernandez, RHP Mario Alcantara, RHP German Taveras, RHP Kuehl McEachern

まずはCallahanは間違いないだろう。先発として期待されていたが、伸び悩み。しかし昨年リリーフに転向して97 mph程度を投げるようになった。リリーフとしてのブレイクに期待。あとはHarrisに、実績のあるGrover、M. Adamsあたりが有力。先発から溢れたなら、DahlstrandやD. JimenezはPiggy-Backに回るだろう。

(12/19追記)Kyle Kraus、Mike Adamsをリリース。
(3/8追記)Reed Reillyをリリース。
(3/26追記)Ryan Harrisをリリース。


[Low-A]
Reliever (Likely) : LHP Bobby Poyner
Reliever (Possibly for 6 Spots) : RHP Travis Lakins, RHP Ben Taylor, LHP Dedgar Jimenez, RHP Dioscar Romero, RHP Daniel Gonzalez, LHP Matt Kent, LHP Logan Boyd, RHP Yankory Pimentel, RHP Enfember Martinez, RHP Rob Wort

まず確定しているのはPoynerだろう。シニアー出身で経験豊富。15年はSS-Aでクローザーを務めた。リリーフとは言え、その内の3~4人はPiggy-Backとして投げるだろう。LakinsやB. Taylorなどはそちらが有力か。

(10/21追記)Wortと契約。
(12/19追記)Taylor Nunez、Carlos Pinales、Michael Gunn、Randy Perezをリリース。
(3/26追記)Edwar Garcia、Garlos Garciaをリリース。
(4/2追記)Brandon Showをリリース。


[XST]
Reliever (Possibly) : RHP Pat Goetze (SS-A), LHP Javier Rodriguez (SS-A), RHP Algenis Martinez (SS-A), LHP Brad Stone (SS-A), RHP Trevor Kelley (SS-A), RHP Adam Lau (SS-A), RHP Nick Duron (SS-A), RHP Danny Zandona (SS-A), RHP Max Watt (SS-A), RHP Victor Diaz (SS-A/GCL), RHP Kevin Kelleher (SS-A/GCL), RHP Brad Ingelis (GCL), RHP Yeferson Ardiles (GCL), RHP Ritzi Mendoza (GCL), RHP Nicolo Clemente (GCL), LHP Alejandro Rodriguez (GCL), LHP Roberto Cancio (GCL), LHP Luis Colmenares (DSL), RHP Marcos Lantigua (DSL), RHP Warlyn Guzman (DSL), LHP Edilson Batista (DSL), LHP Angel Padron (DSL), RHP Roberto Medina (DSL), RHP Carlos Cortes (DSL), RHP William Caraballo (DSL), RHP Luis Rivero (DSL), RHP Hildemaro Requena (DSL), LHP Ryan Oduber (DSL), LHP Francisco Tena (DSL), LHP Jervis Torrealba (DSL), RHP Shair Lacrus (DSL), RHP Victor Familia (DSL), RHP Jeison Medrano (DSL), RHP Jose Gonzalez (DSL), RHP Ramses Rosario (DSL), RHP Juan Florentino (DSL), RHP Juan Perez (DSL), RHP Junior Figueroa (DSL), RHP Andres Jimenez (DSL), Ronald Gutierrez (DSL), RHP Manuel Ramirez (DSL), RHP Cesar Gonzalez (DSL), LHP Oddanier Mosqueda (DSL), RHP Gregory Santos (DSL), RHP Antonio Police (DSL), LHP Rayniel Moreno (DSL), RHP Rayniel Adams (DSL), RHP Joan Martinez (DSL), RHP Bryan Mata (DSL), Ivan Jimenez (DSL)

マイナー全体で球速の向上が著しく、BOS傘下でもV. Diaz、Kelleherなどは100 mphを投げるそうだが、それだけではマイナー下層すら支配できない時代になっている。制球やセカンドピッチ等の向上を目指して欲しい。DSLが2チームになったこともあり、人数は多いが、基本的にはあまりチェックする必要が無さそうな選手が多い。

(12/19追記)Jalen Williams、Carlos Caceresをリリース。
(1/14追記)R. Adamsと契約。
(2/11追記)Ingelisと契約。
(2/16追記)J. Martinez、Mataと契約。
(2/24追記)I. Jimenezと契約。
(3/4追記)Cancioと契約。

0 件のコメント: