2015年7月2日木曜日

Prospect Profile: Kyri Washington, LF

今回は、今季ドラフトの下位指名の中では評価の高い、Kyri Washingtonくん。パワーのツールは魅力的ですが、プロで果たしてボールにバットを当てられるようになるでしょうか。


[Player Data]

Name: Kyri Washington (キリ・ワシントン)
Full Name: Kyri Divonte Washington
Position: LF/RF
Born: July 11, 1994
Birthplace: Prospect, Virginia
Height: 5-11
Weight: 220
Bats: Right
Throws: Right
Drafted: 23rd round, 2015
How Acquired: Draft
Signing Bonus: $100,000
College: Longwood
High School: Grafton HS (VA)
Player Link: MiLB.com, Fan Graphs, Baseball Reference, Baseball Cube, SP.com


[Scouting Report]

上背は無いが、アメフト選手のような体格で、プラスのパワーがある。しかしスウィングに穴は多く、カレッジレベルでも多くの三振を喫している。ディシプリンとも無縁。スピード・肩は平均的で守備も荒削りなことから、LFが適性だろう。インテリジェントで、ハードワーカーだそう。スウィングをアジャストさせ、プロでもコンタクトできるなら上限は高いが、なかなかに育成が難しそうな選手。


[Background]

15年のドラフトでは全体でも9番目に若いカレッジ選手だったそう。ドラフト時のランキングは、BA #149/PG #173/MB #209。


[Profile]

15' : 荒削りという評判通り、カレッジからの指名選手ながら、GCLでプロデビュー。序盤は打てていなかったが、急激に適応し、数字を伸ばしてきたことから、SS-A Lowellへ昇格。そちらでもほぼ同様の成績を残した。HRは多くないが、まずまず長打は出ている。

16' : Low-Greenvilleで、Josh Ockimeyと共に、パワー面も含めて素晴らしいスタートを切ったが、7月に失速。素晴らしいパワーと三振の多さという点でOckimeyと共通しているが、一方三塁打が多く、Ockimeyよりもスピードに優れる代わりに、早打ち気味。


[Comment]

BOSがこのタイプを上手く育成できた試しがあまり無いので、凄く期待してはいないけど、下位で$100Kで獲るには面白い選手。BOSはどうしてもディシプリンを重視しがちだけど、こういうタイプはしばらく好きに打たせてもいいかも。

0 件のコメント: