今年のレッドソックスについてどう思いますか?

2014年9月3日水曜日

14' Minor League Stats - Greenville Drive (Low-A)

Low-A Greenvilleのスタッツです。昨季に引き続き、W60-L79という弱さ。ここ数年多くの投手を獲得したものの、そのほとんどがパッとしない。Stankiewiczがガンバっていた程度。野手では、Int. FAの若い3人(Margot、Rijo、T. Lin)に、Asuaje、Romanski、Witteなどが絡み、前半戦はまだ戦えていましたが、その多くが昇格した後半戦は酷い状態に。


[Pitchers]

Trey Ball, LHSP (13'-1st)

14' Stats (Low-A) : W5-L10/4.68 ERA/22 G/22 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/100.0 IP/111 H/69 R/52 ER/9 HR/3 HBP/39 BB/68 K/1.50 WHIP/0.76 GO/AO

評価:D。いかに後半戦改善が見られたとは言え、全体7位指名の選手としては期待外れとしか言わざるを得ない。もちろん、HS卒2年目とか、HS時代は2way選手だったなど、色々言い訳はあるだろうけど、それらが通じるのは、来年結果を残した時。制球自体はボチボチだけど、被打率、奪三振率、ゴロ率の全てがイマイチ。スタッフやメカニクスも改善傾向とは言え、各誌でかなりの酷評を受けた。

-------------------------------------------------------------------------------------

Teddy Stankiewicz, RHSP (13'-2nd)

14' Stats (Low-A) : W11-L8/3.68 ERA/25 G/25 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/140.1 IP/141 H/64 R/58 ER/9 HR/2 HBP/29 BB/102 K/1.21 WHIP/0.96 GO/AO

評価:B。フルシーズン1年目でしっかりと投げたのは喜ばしいが、ドミナントではなかった。140 IPをクリアーしたし、JuCo出身とは言え、HSではCallahanやButtreyと同じクラスで比較的若い選手であることを考えれば、年間を通じて安定したパフォーマンスと制球の良さを見せたのは良い。速球もあまり空振りを奪えていないものの97 mphまで出ているそう。もう一歩コマンドかセカンドピッチで剥ければ、更なる向上も期待できる。ギリギリでB評価。

-------------------------------------------------------------------------------------

Jamie Callahan, RHSP (12'-2nd)

14' Stats (Low-A) : W3-L13/6.96 ERA/25 G/25 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/108.2 IP/137 H/95 R/84 ER/12 HR/5 HBP/66 BB/89 K/1.87 WHIP/0.81 GO/AO

評価:D。STで球威が向上しているとレポートされ、期待が高まったが、あまりにもヒッタブルで冴えないシーズンを送った。後半戦はむしろK/BBが落ちており、あまり来季につながる好材料も無い。同クラスの中では若い選手だけに、向上を期待したいが。

-------------------------------------------------------------------------------------

Ty Buttrey, RHSP (12'-4th)

14' Stats (GCL) : W0-L0/1.80 ERA/2 G/2 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/5.0 IP/2 H/1 R/1 ER/0 HR/1 HBP/1 BB/4 K/0.60 WHIP/4.50 GO/AO
14' Stats (SS-A) : W0-L0/3.09 ERA/3 G/2 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/11.2 IP/11 H/6 R/4 ER/0 HR/0 HBP/7 BB/12 K/1.54 WHIP/1.20 GO/AO
14' Stats (Low-A) : W0-L5/6.85 ERA/11 G/11 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/46.0 IP/59 H/41 R/35 ER/5 HR/1 HBP/24 BB/40 K/1.80 WHIP/1.11 GO/AO

評価:E。最後の方はまずまずの投球を見せたが、言い訳のできない失敗シーズンに。同期で年下のCallahanが開幕からローテに入ったのに対し、XSTでスタート。Low-Aにアサイン後はボロボロで、一旦DLに入った後、終盤復帰した。とにかく来季は全ての面で向上してもらいたい。

-------------------------------------------------------------------------------------

Daniel McGrath, LHSP (13'-Int. FA)

14' Stats (Low-A) : W6-L6/4.07 ERA/19 G/19 GS/1 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/97.1 IP/80 H/51 R/44 ER/9 HR/2 HBP/52 BB/81 K/1.36 WHIP/0.75 GO/AO

評価:B。Low-A開幕でなかったことにややがっかりしたが、XSTでしばらく過ごした後合流。やや四球が多く、K/BBはイマイチだったが、被打率は優秀で、比較的安定してイニングを稼いだ。来季はもう一段ステップアップを期待したい。

-------------------------------------------------------------------------------------

Myles Smith, RHSP/RP (13'-4th)

14' Stats (Low-A) : W5-L10/5.82 ERA/26 G/12 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/6 GF/1 SV/103.2 IP/121 H/75 R/67 ER/9 HR/6 HBP/62 BB/73 K/1.77 WHIP/0.74 GO/AO

評価:E。先発でスタートし、途中からPiggy-Backに移ったが、いずれにしても、K/BBが酷く、全くの期待外れ。年齢的にも早めにリリーフに移りそう。

-------------------------------------------------------------------------------------

Jason Garcia, RHSP/RP (10'-17th) : TJ明けで、まずはSS-Aにアサイン。復帰登板で95 mphの速球など、インプレッシブな投球を見せた。Low-A復帰後も先発/Piggy-Backでまずまず。リリーフでは100 mphを投げたそう。元々、同じドラフトクラスの中では若い選手だったけど、そろそろ上のクラスに上がって行って欲しいところ。

Sergio Gomez, RHRP (09'-Int. FA) : マイナー生活5年目も、マイナー下層でPiggy-Backとしてイマイチな成績で終わった。16歳でGCLデビューした彼も、スタッフもあまり伸びておらず、リリースの瀬戸際に。

Mike Adams, LHRP (13'-7th) : 下層では珍しい、リリーフ専門の選手。年齢の高さを考えれば、もっと投げさせてもいい気もするけど、一応チームで最多登板。被打率・ゴロ率・制球・奪三振率と各スタッツはしっかりしている。さほど対左が抜群というカンジではないが。

Raynel Velette, RHRP (08'-Int. FA) : 今季から、完全なリリーフに転向。ERA的にはまずまずも、K/BBが平凡。S. Gomez同様、数年前からあまり向上が見られていない。

German Taveras, RHRP (11'-Int. FA) : STで97 mphを投げたそうで、SP.comでも注目されていたが、SS-A/Low-Aで平凡。上のクラスで活躍するには、コマンド・セカンドピッチがまだまだのよう。

Oscar Perez, RHRP (08'-Int. FA) : リリーフ転向2年目は、SS-Aではまずまずも、Low-Aでは打ち込まれた。

Elis Jimenez, RHRP (09'-Int. FA) : 下層のロスターフィラーとして、SS-A/Low-A/High-Aで投げた。平凡なリリーフ以外の何物でもない。

-------------------------------------------------------------------------------------

[Hitters]

Sam Travis, 1B (14'-3rd)

14' Stats (SS-A) : 40 G/165 AB/55 H/5 2B/1 3B/4 HR/74 TB/28 R/30 RBI/4 BB/18 SO/5 SB/1 CS/.333 AVG/.364 OBP/.448 SLG/.813 OPS/6 E
14' Stats (Low-A) : 27 G/107 AB/31 H/11 2B/1 3B/3 HR/53 TB/12 R/14 RBI/7 BB/14 SO/0 SB/1 CS/.290 AVG/.330 OBP/.495 SLG/.826 OPS/2 E

評価:B。選球眼に関してはもう少し上を期待していたけど、とにかくプロ1年目でLow-A昇格を勝ち取り、そこでも問題なく打ったというのは良かった。今のところ、選球眼に優れたパワーヒッターと言うより、比較的早打ちのナチュラルヒッター気味で、打ってはいるものの、パワーと選球眼に少し苦言を呈するファンもいたが、初年度としてはしっかりやった方だろう。

-------------------------------------------------------------------------------------

Wendell Rijo, 2B (12'-Int. FA)

14' Stats (Low-A) : 111 G/409 AB/104 H/27 2B/6 3B/9 HR/170 TB/56 R/46 RBI/56 BB/103 SO/16 SB/6 CS/.254 AVG/.348 OBP/.416 SLG/.764 OPS/21 E

評価:B。アベレージは伸びきらなかったが、オーバーマッチというカンジではなく、しっかりボールも選べているし、今季はしっかりパワーも発揮した。2Bは層の厚いポジションではあるが、十分に将来のレギュラー候補になり得る。

-------------------------------------------------------------------------------------

Tzu Wei Lin, SS (12'-Int. FA)

14' Stats (Low-A) : 102 G/402 AB/92 H/22 2B/1 3B/1 HR/119 TB/55 R/42 RBI/54 BB/74 SO/10 SB/7 CS/.229 AVG/.315 OBP/.296 SLG/.611 OPS/24 E

評価:D。やはりボールを強く飛ばすことがなかなかできていない。三振はそこまで多くないし、ある程度ボールは見れているので、身体の成熟と共にしっかりラインドライブを打てるようになれば。あとはこのタイプなら、もう少し塁上でも貢献が期待される。

-------------------------------------------------------------------------------------

Danny Mars, CF/RF/LF (14'-6th)

14' Stats (SS-A) : 44 G/177 AB/55 H/9 2B/3 3B/2 HR/76 TB/28 R/17 RBI/14 BB/37 SO/12 SB/6 CS/.311 AVG/.368 OBP/.429 SLG/.797 OPS/0 E
14' Stats (Low-A) : 10 G/36 AB/6 H/0 2B/0 3B/0 HR/6 TB/4 R/0 RBI/3 BB/6 SO/4 SB/0 CS/.167 AVG/.231 OBP/.167 SLG/.397 OPS/0 E

評価:B。パワー・選球眼は平凡だが、SS-Aではずっとアベレージ4割近く打ち、リードオフとしてチームを引っ張った。SS-AでAll-Starゲームに出場。終盤はSurgeon、Travisに続きLow-A昇格。ドラ6としては掘り出しものだったかも。

-------------------------------------------------------------------------------------

Carlos Coste, C (11'-35th) : 今季は初めてGCL以外で控え捕手を務めた。

Danny Bethea, C (13'-34th) : フルシーズン開幕時にはアサインされなかったが、SS-Aへ向かった後、一時AAへ。最終盤はWeems、Romanskiが抜けたLow-Aの正捕手を務めた。年齢も高いし、過度に期待している訳ではないが、入団以降しっかりアベレージを残しており、Romanski同様にほんの少しだけ注目している。

Jordan Procyshen, C (14'-14th) : 14年ドラフトでBOSが多く指名した捕手の1人。こちらも今のところ、控えの少ないプレータイムの中ではまずまず打っている。

Tim Roberson, 1B/C (11'-UDFA) : 契約以降控え捕手兼1Bでプレーしているが、今季は1Bでの出場がほとんどだった。控えながら10 HRとパワーはあるが、アベレージは低い。

Hector Lorenzana, 2B/3B/SS (14'-37th) : 14年ドラフト組だが、Asuajeの昇格により、空いた枠を埋める形でLow-Aへ。打撃に期待してはいけないのだろう。

Jimmy Rider, 3B/SS/1B/2B (13'-Acquired from PIT) : Low-AのIF控え要員として昨オフに獲得。開幕から3BのAsuajeの控えを務めたいたが、UTなAsuajeが他のポジションに入ることが多かったので、3Bで多く機会を得た。またT. Linの離脱時は代役でSSでプレーし、チームで2番目の出場数を記録。

Kevin Mager, LF/1B/3B (12'-UDFA) : 入団した年は2Bも守ったが、以降は下層で1B/3B/OFの控えとしてプレー。それなりにパワーはあるが、下層でもあまり打てていない。

Zach Kapstein, LF/RF (10'-44th) : Rhode Island州出身のローカルボール。入団から4年間ショートシーズンで過ごし、特に昨季はたった2試合の出場で、リリースが近いかと思っていたが、今季はLow-Aの開幕ロスター入り。最後は戦列を離れたものの、アベレージ.280と奮闘した。ただやはり控えに近いような起用法で、Prospectとは見られていなそう。

Forrestt Allday, RF/CF/LF (13'-8th) : 今季はケガに泣かされたシーズンに。出遅れた挙句、最後も戦線離脱。マイナー下層のOFは薄いし、スリーパー的な選手として期待していたが。出ている時はある程度打てているし、選球眼はある。来季は心機一転ガンバって欲しい。

Cole Sturgeon, RF/CF (14'-10th) : ロスターフィラーのOFとして契約した選手。Alldayの離脱なども絡んで、14年組で最初にLow-Aに昇格。今のところしっかり打ってガンバっている。

Franklin Guzman, RF/LF/CF (12'-Int. FA) : DSLから昇格1年目でLow-Aまで到達。とは言え、既に22歳と年齢は高め。Int. FAの選手らしく早打ち。少し買っているファンもいるようだけど、今のところ控えOFとして起用されているし、上に上がっていく選手ではなさそう。

0 件のコメント: