今年のレッドソックスについてどう思いますか?

2014年9月2日火曜日

14' Minor League Stats - Lowell Spinners (SS-A)

SS-A Lowellのスタッツです。W37-L38でLow-Aクラスと共にPO進出できず。Dubonの開花などもあったけど、TravisもすぐにLow-Aに行ってしまったし、投手・野手共にやや地味な印象を受けるクラスでした。


[Pitchers]

Aaron Wilkerson, RHSP (14'-UDFA)

14' Stats (SS-A) : W5-L1/1.62 ERA/8 G/8 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/50.0 IP/32 H/11 R/9 ER/3 HR/2 HBP/11 BB/54 K/0.86 WHIP/0.42 GO/AO

評価:B。既に25歳だが、プロ契約はこれが初めて。このクラスでは文句無く投げた。いずれはリリーフになるでしょうが、Rule 5ドラフトまで時間はあるし、上手く伸びればいいですね。

-------------------------------------------------------------------------------------

Kevin McAvoy, RHSP (14'-4th)

14' Stats (SS-A) : W0-L2/1.91 ERA/11 G/11 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/28.1 IP/23 H/7 R/6 ER/0 HR/2 HBP/3 BB/23 K/0.92 WHIP/3.14 GO/AO

評価:B。生まれはNew York州だが、ニューイングランドBryant大出身のローカルボーイ。Cherington GMが隠し玉的にドラ4で指名した時はやや不満だったけど、今のところそれが正しかったことを示している。奪三振率は平凡だが、沈むボールでゴロを量産。制球力も非常に高い。Auglieraに似ている印象だけど、1年目の成績は上。

-------------------------------------------------------------------------------------

Reed Reilly, RHSP (14'-7th)

14' Stats (SS-A) : W0-L1/3.89 ERA/10 G/10 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/39.1 IP/43 H/18 R/17 ER/2 HR/2 HBP/6 BB/30 K/1.25 WHIP/1.24 GO/AO

評価:D。カレッジではリリーフ専門だったが、4ピッチを投げられることから、BOSは一旦先発で育成することに。制球の良さは見えるけど、名門プログラム出身で年齢も高いことを考えると、支配力の無さは気になる。

-------------------------------------------------------------------------------------

Dioscar Romero, RHSP (11'-Int. FA)

14' Stats (SS-A) : W0-L0/0.00 ERA/1 G/1 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/3.2 IP/1 H/0 R/0 ER/0 HR/0 HBP/4 BB/3 K/1.38 WHIP/1.36 GO/AO

評価:-。1試合に登板した後、肘を痛めて残り試合を全休。TJを受けたとは聞いていないけど、もしかしたらそうなのかも。TJ明けで球威が伸びる選手もいるし、そうなってくれるといいですね。

-------------------------------------------------------------------------------------

Karsten Whitson, RHSP/RP (14'-11th)

14' Stats (SS-A) : W0-L1/7.71 ERA/4 G/2 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/7.0 IP/8 H/6 R/6 ER/1 HR/0 HBP/5 BB/5 K/1.86 WHIP/1.80 GO/AO

評価:-。契約後2試合に先発した後、しばらく休み、シーズン終了間際に、2番手で2回投げた。少ないサンプルでは、まだ本来のポテンシャルの片鱗も見せてはいない。年齢的には若くはないし、このオフはしっかりケガの完治とトレーニングを積んで欲しい。来季は結果が求められるでしょう。

-------------------------------------------------------------------------------------

Jake Drehoff, LHSP (13'-12th) : SS-Aで開幕投手に選ばれ、ローテを守って投げた。4年制カレッジ出身で、もう22歳ということを考えると、パッとしない今季の成績への不満は大きい。

Randy Perez, LHSP (11'-Int. FA) : 先発として5試合に投げたが、7月上旬以降はケガで戦列を離れている。内容は平凡。

Jeffrey Fernandez, RHSP (11'-Int. FA) : 昨年全休の後、今季はGCL/SS-Aで先発として投げている。成績は残せていないけど、期待されてるのかな?

Willie Ethington, RHSP/RP (12'-17th) : ショートシーズン3年目もケガに泣かされてイマイチ。才能はあると思うのですが。

Mario Alcantara, RHSP/RP (09'-Int. FA) : Low-Aで開幕し、先発やPiggy-Backで投げていたがボロボロでSS-Aに降格。とにかく制球が全くダメ。同じ名前で同期のRaul AlcantaraはOAKで順調に成長してるというのに。

Chandler Shepherd, RHRP (14'-13th) : 先発かと思っていたが、リリーフに専念している。支配的とまではいかないが、三振も取れているしまずまず。上のクラスでどうか。

Rob Smorol, LHRP (13'-UDFA) : 比較的多くのイニングを稼いだが、K/BBが悪く平凡。

Carlos Pinales, RHRP (10'-Int. FA) : マイナー下層では珍しく、はっきりとクローザーが決まったいたクラス。それほど抜群の成績という訳でもないが、15 SVを挙げ、リーグのAll-Starゲームにも出場した。

Kuehl McEachern, RHRP (14'-34th) : GCLでプロデビュー後SS-Aへ。制球が良い。

Edwar Garcia, RHRP (10'-Int. FA) : 期待していた選手だが、今季もイマイチ。ある程度三振は奪うものの、制球・コマンド難でランナーを溜める癖が直らない。

Enfember Martinez, RHRP (12'-Int. FA) : K/BBがほぼ1で、パッとしない成績だが、まだ18歳と若い選手ではある。今のままだと下層で埋もれてしまいそうだが。

Brandon Show, RHRP (14'-38th) : マイナー下層の穴埋めリリーフ要員だが、このクラスでも打たれており、役割を果たせていない。

Williams Jerez, LHRP (11'-2nd) : OFとしてさっぱりで、今季投手転向。元々アマチュア時代は投手としても期待されていた選手だった。既に最速94 mphを投げているそうで、三振も奪えている。OFよりは上のクラスに到達できそう。

Ryan Harris, RHRP (14'-26th) : カレッジのビッグプログラムで経験豊富なリリーフだが、SS-Aで躓いている。シーズン途中からは投げていない。

-------------------------------------------------------------------------------------

[Hitters]

Alixon Suarez, C (10'-Int. FA)

14' Stats (SS-A) : 40 G/134 AB/28 H/8 2B/4 3B/2 HR/50 TB/14 R/13 RBI/9 BB/50 SO/0 SB/1 CS/.209 AVG/.267 OBP/.373 SLG/.640 OPS/5 E

評価:E。当たればパワーはありそうだが、USに来ての2年はコンタクトに悩んでいる。フリースウィンガーの傾向も強く、これが改善しない限り上には行けなそう。お気に入りなのでガンバって欲しいのだが。

-------------------------------------------------------------------------------------

Raymel Flores, 2B/SS (11'-Int. FA)

14' Stats (SS-A) : 61 G/206 AB/58 H/6 2B/3 3B/1 HR/73 TB/31 R/12 RBI/16 BB/67 SO/14 SB/4 CS/.282 AVG/.344 OBP/.354 SLG/.698 OPS/8 E

評価:C。Dubonに押しのけられてSSから外れてしまったのは残念だが、一応打席面では及第点のシーズンだった。選球眼やパワーは望めないが、しっかりしたアベレージを記録。スピードもありそう。ただ三振が多いのは気になるし、SS以外では大きな価値を生み出せないタイプの選手だし、来季はSSを取り返すつもりで、攻守両面の成長を期待したい。

-------------------------------------------------------------------------------------

Mauricio Dubon, SS (13'-26th)

14' Stats (SS-A) : 66 G/256 AB/82 H/8 2B/1 3B/3 HR/101 TB/40 R/34 RBI/9 BB/26 SO/7 SB/8 CS/.320 AVG/.337 OBP/.396 SLG/.732 OPS/19 E

評価:A。今季のブレイク株。期待度の高いInt. FAだったR. FloresからSSのポジションを奪い、チームで最多出場。パワー・選球眼はまだまだだが、バットコントロールは見せた。守備も評価されている。リーグのAll-Starゲームに出場。

-------------------------------------------------------------------------------------

Bryan Hudson, LF/CF/RF (13'-15th)

14' Stats (SS-A) : 52 G/194 AB/46 H/5 2B/3 3B/0 HR/57 TB/27 R/11 RBI/25 BB/43 SO/8 SB/5 CS/.237 AVG/.327 OBP/.294 SLG/.621 OPS/1 E

評価:D。Austin、Mongeといった同期のHS卒OFより一足先にSS-Aへ。多くのSS-Aの打者と異なり、ボールを見ようという姿勢は見えるが、今季はアベレージに苦しんだ。LFになるなら言うに及ばず、とにかくもう少しボールを強く叩けるようにならないと、自慢のスピードや選球眼も生かしようがない。

-------------------------------------------------------------------------------------

Nick Longhi, LF/RF/1B (13'-30th)

14' Stats (SS-A) : 30 G/109 AB/36 H/10 2B/1 3B/0 HR/48 TB/19 R/10 RBI/11 BB/22 SO/0 SB/3 CS/.330 AVG/.388 OBP/.440 SLG/.829 OPS/3 E

評価:B。指の腱の断裂で早めにシーズンを終えたが、インプレッシブな打撃を見せた。同クラスの中では若い選手だが、安定したコンタクトを見せ、パワーもHRこそなかったが、多くの二塁打を放った。来季はフルシーズンでのブレイクに期待。

-------------------------------------------------------------------------------------

Joseph Monge, CF/RF (13'-17th)

14' Stats (GCL) : 19 G/64 AB/17 H/4 2B/1 3B/2 HR/29 TB/19 R/17 RBI/9 BB/14 SO/5 SB/1 CS/.266 AVG/.390 OBP/.453 SLG/.843 OPS/1 E
14' Stats (SS-A) : 31 G/111 AB/32 H/9 2B/1 3B/0 HR/43 TB/17 R/10 RBI/3 BB/31 SO/4 SB/2 CS/.288 AVG/.322 OBP/.387 SLG/.710 OPS/0 E

評価:B。GCLで開幕を迎えたが、しっかりと打っていたところにLonghiのケガが重なり、SS-Aに昇格。その後は選球眼の悪さを見せたが、まずまずコンタクトできている。昨季はRF専門だったが、今季はCFでの出番が多い。恵まれた身体能力でCFを務めていけるなら面白い。

-------------------------------------------------------------------------------------

Mike Meyers, RF/LF/CF (12'-12th)

14' Stats (SS-A) : 56 G/209 AB/45 H/6 2B/9 3B/0 HR/69 TB/25 R/27 RBI/9 BB/52 SO/5 SB/3 CS/.215 AVG/.248 OBP/.330 SLG/.578 OPS/2 E

評価:D。割と気に入っている選手だが、なかなか伸びて来ない。三塁打のチーム記録を更新するなど、パワーとスピードを兼ね備えた万能型に見えるのだが。取りあえず悲惨なK/BBを改善する以外に向上の道は無いだろう。

-------------------------------------------------------------------------------------

David Sopilka, C (10'-Int. FA) : 今季も控え捕手としてプレー。守備が持ち味で打撃面は毎年悲惨。

Alex McKeon, C (14'-31st) : シーズンの多くをGCLで過ごし、終盤に玉突き人事でSS-Aへ。GCLでは高卒捕手のD. Fisherや、捕手本格挑戦後間もないB. Mooreらがレギュラーを務めたこともあり、彼らの負担を減らすために途中出場することも多かった。

Nick Moore, 1B/LF/RF (11'-30th) : 一時期ロスター穴埋めでHigh-Aでプレーしたものの、4年目もメインはショートシーズン。パワーはある程度見せたが、ここまで打てないとダメですね。割と気に入っていた選手ですが。今季は3Bは機会無しで、後半戦はLonghiの離脱で手薄になったOFに挑戦している。

Cisco Tellez, 1B (14'-24th) : 後半戦は、TravisがLow-Aに昇格したため、1Bのレギュラーを務めた。1Bにしてはパワーが無くイマイチ。

Aneudis Peralta, 1B/3B (10'-Int. FA) : Low-A/SS-Aで控えの1B/3Bとしてプレー。今季は比較的パワーを見せたが、根本的に打てていない。

Deiner Lopez, 2B/3B (10'-Int. FA) : R. Floresが2Bに回り、3BもJ. Bettsの前にレギュラーを奪えず、2B/3Bの控えとして過ごしたが、ある程度の機会を得て、コンタクトは示した。早打ち傾向と長打力の無さは気になるし、昇格速度も上がらないが、来季はフルシーズンで見れそう。

Jordan Betts, 3B (14'-18th) : チームトップの10 HRなど、長打力は素晴らしい。一方かなり早打ち気味で、上のクラスで通じるかは不明。リーグのAll-Starゲームに出場。

0 件のコメント: