今年のレッドソックスについてどう思いますか?

2014年9月12日金曜日

15' Preseason Position Outlook -Secondbase/Shortstop-

15年シーズンの各ポジションのデプスチャート2B/SS編です。2BはPedroiaの健康面が不安になってきているが、後続も有力なProspectが多く、そこまで不安ではない。SSはX. Bogaertsが14年に思ったよりも適応に苦しんだが、終盤になって打ち始めている。(*は40人ロスター登録選手)。


[MLB]
Starter (2B) : 2B Dustin Pedroia*
Starter (SS) : SS/3B Xander Bogaerts*
Backup : UT Brock Holt*, OF/2B Mookie Betts*, LF/SS/3B Hanley Ramirez*
Depth : 2B/SS Jemile Weeks, 2B/3B Sean Coyle*, SS Deven Marrero, IF Jeff Bianchi, UT Carlos Asuaje

Pedroiaは守備こそ衰えは見えないものの、全力プレーの身上と多少ムリしながらも試合に出続ける気質の持ち主であることもあり、ここ数年はケガで欠場する試合と、試合には出ているが、ケガの影響でやや低調という期間が目立って来ている。チームが安定していて余裕があれば休む気にもなるかもしれないが、ここ3年で2回も下位三分の一の沈むチーム状況では、責任感もあってなかなか休めないのかも。来季こそは健康にプレーしてもらいたいが。

一方、代役は比較的豊富。3B次第だがHoltがいるし、BOSはOFをメインに考えているようだが、M. Bettsの2B守備も高いレベルにある。どこかでDFAが妥当だと思うが、J. Weeksも一応いるし、傘下ではPedroiaに最も似たタイプにも思えるCoyleも控える。Pedroiaが離脱しても、現状のPedroiaならダメージは小さい(もちろんそれでは困るのだが)。SSに関しては、X. Bogaertsが予定よりも低調なルーキーイヤーを送ったが、終盤になって本来の打撃を取り戻しつつある。

常に3B転向は話題になる選手だし、現状3Bの人材も欠いてはいるが、14年は途中で一旦3Bに移したりしたのも打撃に悪影響を与えた可能性もあり、できればしっかり1年間SSに固定して使ってやるべきだろう。代役はこちらも基本的にはHoltになる。BogaertsとHoltではやや守備面で物足りない点はあるが、後半戦にはD. Marreroの昇格の可能性もあるし、取りあえずはこの布陣で行くんではないかと思う。

(11/3追記)Jonathan HerreraがMiLFAに。
(11/3追記)SEAがCarlos Riveroをクレーム。
(11/23追記)H. Ramirezと合意。 


[AAA]
Starter (2B) : 2B/3B Sean Coyle*
Starter (SS) : SS Deven Marrero
Backup : 2B/SS Jemile Weeks, IF Jeff Bianchi, UT Justin Henry or UT Joe Thurston

M. BettsはこのままMLBに定着しそうな勢いだが、R. Castillo、J. Bradley, Jr.などとの兼ね合いでAAAに戻って来たとしても、BOSは彼をOFとして使いたいよう。となれば2BはCoyleで確定だろう。ケガがなければ14年中にもAAAに上がっていたはず。今度こそケガなく1年打ち続けて欲しい。

SSはD. Marreroで確定。AAAで当てるようになればMLB昇格は目の前。控えはJ. Herreraは40人ロスターに残す価値があるかは分からないが、一応MLB経験豊富なSSでマイナーオプション持ち。Riveroは3B/SS/LFなどをこなすUTで、現時点では40人枠内だが、オフにDFAされるのは確定的。

(1/8追記)Bianchiと契約。
(2/16追記)H. Rodriguezと契約。
(3/1追記)Henry, Thurstonと契約。
(4/5追記)Henry Rodriguezをリリース。


[AA]
Starter (2B) : UT Reed Gragnani
Starter (SS) : SS Marco Hernandez
Backup : IF Mike Miller or IF Jimmy Rider, UT Carlos Asuaje
DL : UT Dreily Guerrero

14年のHigh-Aが地味なクラスだったこともあり、大物感に欠けるが、Gragnani、M. Miller、Asuajeといずれもドラフトの指名時の期待を大きく上回って打撃で活躍している。Millerは一足先に14年にAAに到達しているが、こういったタイプの選手は、マイナー上層で打てるかが鍵。

2B Gragnani、3B Asuaje、SS Millerを予想しているが、いずれもユーティリティーな選手だし、試合によって色々守るだろう。一応VinicioがAAというのも昇格プランから言えばあり得るが、現状の打撃では厳しい。

(12/15追記)M. Hernandezを獲得。


[High-A]
Starter (2B) : 2B Wendell Rijo
Starter (SS) : SS Tzu-Wei Lin
Backup : SS Jose Vinicio, SS/3B Yoan Moncada, UT Oscar Tejeda or IF Hector Lorenzana

2BはRijoで確定。リーグより圧倒的に若いし、心配はしていないけど、来季はアベレージもしっかり伸ばして欲しい。SSはVinicioはまだAAには早いと思うが、T. LinもLow-Aを打ちこなしていない。共に高額を費やしたInt. FAだけにクラスを分けたいところだが、Low-AはかなりIFの人材が豊富。Vinicioは機会がやや減るかもしれないが、早めに打てるところを示してAAに昇格してもらいたい。

(2/16追記)O. Tejedaと契約。
(2/23追記)Moncadaと契約。


[Low-A]
Starter (2B) : SS/3B Mauricio Dubon
Starter (SS) : SS Javier Guerra
Backup : IF Deiner Lopez, SS/3B Michael Chavis

昨季ショートシーズンでプレーした選手で、SS-Aの選手が昇格するのが順当だが、GCLの方にもChavis、Devers、J. Guerra、V. Acostaらの優秀な選手が多かったため、FILやST次第では、誰がLow-Aスタートを勝ち取るかは分からない。もっとも有力なのはDubon。選球眼の成長が欲しいし、ChavisやJ. GuerraならSSを譲る可能性もあるが、基本的には彼がSSだろう。

一方2Bは順当に行けばR. Flores。SS-Aでは三振の多さが気になるが一応アベレージは残した。Guerraらに抜かれないようにアピールしてもらいたい。ChavisはXSTスタートの可能性もあるが、比較的打撃の成熟度は高めで、開幕からLow-Aの可能性は高い。ただポジションは3Bの方が有力。DeversはXSTスタートと思っているけど、DeversとChavisの両方がLow-Aスタートとなれば、ChavisがSSだろうが。控えはFloresがSSを守るので、D. Lopezか。

(12/12追記)Raymel FloresをARIへトレード。


[XST]
Starter (2B) : 2B/3B Victor Acosta (SS-A), 2B Luis Alejandro Basabe (GCL), IF Jose Lazada (DSL)
Starter (SS) : SS Carlos Tovar (DSL)
Backup : 2B/SS Jeremy Rivera (SS-A), 2B/LF Rafael Oliveras (GCL), IF Rafael Toribio (DSL), IF Luis Benoit (DSL), IF Stanley Espinal (DSL), IF Reinaldo Ugueto
RL : SS Ricardo Cubillan

V. Acostaも気に入ってはいるが、まずはXSTだろう。Aj. Basabeは双子のAx. Basabeに遅れを取っているが、そろそろUSではプレーするはず。J. Guerraも攻守にポテンシャルを見せており、楽しみな選手で、Low-Aを勝ち取ってもおかしくない。一方DSLは人材不足。唯一野手の大物のE. TejedaはSS守備も悪くないという噂だったが、3Bとしてサインしている。

(2/2追記)CubillanがPEDでサスペンション。
(2/12追記)Espinal、Uguetoと契約。

2 件のコメント:

日本BOS さんのコメント...

メジャーはペドロイア、ボガーツで来年は確定かな(笑)
ボガーツは若いし守備も成長してる、来年は今年より打ってくれることを期待、できれば打順も8番くらいで打たせるのが理想(笑)
ペドロイアは守備も今だに一級品まだ2,3年は心配はしてないかな(笑)

ベッツはカスティーヨかビクトリーノが怪我の代役になりそう(笑)
21歳でいきなりメジャーでこの活躍自分はかなりいい選手になるんじゃないかと思ってる(笑)

コイルは三振減らしてパワーを見せたら面白い存在年齢もまだ若いしAAAで適用してもらいたい(笑)

マレーロはメジャーでUTくらいになれるようになってほしいね、ドラ1だしね(笑)

Rijo、Dubon、Guerra下のクラスはこの辺が楽しみですね(笑)

ララ さんのコメント...

日本BOSさん

有力なSSもいないし、BogaertsはSSかな~って見てますが、それこそトレードなんていつ起こるかわからないですけどね。

Bogaertsはさすがに来年は6番から後半戦までには中軸を打っていると期待してます。今年は確かに不調だったけど、才能はこんなもんではないと思うし。

Bettsはようやく2Bで機会をもらい始めましたね。ここで守備もアピールできれば、来季のロスターのやり繰りを楽にしてくれそう。

CoyleはツールはMLBでやるにも申し分ないと思うけど、やっぱりあとは選球眼とかスキル的な部分ですかね。

D. MarreroはMLBで.260打てればレギュラーになれるろ思います。まぁ来年しっかりAAAを打ってくれれば、昇格スピードも遅くないし、十分じゃないかな。

その中ではやはりRijoは素晴らしいと思うけど、ツールセット的に2B限定そうなのが少し残念ですね。CFを守るスピードや3Bを守る肩はないだろうけど、SSを守れるなら全体Top 100級でもおかしくないかも。Dubon、Guerraは何よりも選球眼ですね。