今年のレッドソックスについてどう思いますか?

2014年9月4日木曜日

14' Minor League Stats - Portland Sea Dogs (AA)

AA Portlandのスタッツです。W88-L54でPO進出。POではセミファイナルで敗退。M. BettsやSwihartなど昨季Carolina LeagueのPOを制したメンバーーが中心となり、前半戦圧倒的な強さで後続を引き離した。後半戦は野手はCoyle以外はあまり見るところが無かったが、投手では前半のOwensと後半のB. Johnsonが圧倒的な投球を見せた。


[Pitchers]

Brian Johnson, LHSP (12'-1st Supp.)

14' Stats (High-A) : W3-L1/2.92 ERA/5 G/5 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/25.2 IP/23 H/13 R/11 ER/0 HR/0 HBP/7 BB/33 K/1.17 WHIP/0.84 GO/AO
14' Stats (AA) : W10-L2/1.75 ERA/20 G/20 GS/2 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/118.0 IP/78 H/29 R/23 ER/6 HR/0 HBP/32 BB/99 K/0.93 WHIP/1.11 GO/AO

評価:S。昨季の活躍で期待はしていたが、それを遥かに上回る活躍。開幕はHigh-Aに戻るも5試合でAAへ。昇格後から安定した投球を見せ、一度だけ炎上したが、特に後半戦は毎試合ドミナントピッチでBAのHot Sheetに選ばれるような活躍。K/BBはもう一歩上を目指したいが、3球種でいずれも空振りが奪え、被打率が異常に低い。リーグのAll-Starゲームの出場者に選ばれるも出場せず。Eastern Leagueで最優秀防御率に輝いた。POではAAが敗退後AAAに昇格。またBAからシーズンのAll-Starセカンドチームに選出。

-------------------------------------------------------------------------------------

Eduardo Rodriguez, LHSP (14'-Acquired from BAL)

14' Stats (AA (BAL)) : W3-L7/4.79 ERA/16 G/16 GS/1 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/82.2 IP/90 H/50 R/44 ER/5 HR/0 HBP/29 BB/69 K/1.44 WHIP/1.02 GO/AO
14' Stats (AA) : W3-L1/0.96 ERA/6 G/6 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/37.1 IP/30 H/4 R/4 ER/1 HR/2 HBP/8 BB/39 K/1.02 WHIP/1.06 GO/AO

評価:A。BOSに来る前は、BALのAAで打たれており、評価を下げていたが、移籍後素晴らしい投球を見せ、BALファンを嘆かせる結果となっている。リーグも同じだし、理由はよくわからないが、球威も最速96~97 mphが安定して出ており、傘下の左腕はさらに充実した。POではAAが敗退後AAAに昇格。

-------------------------------------------------------------------------------------

Luis Diaz, RHSP (08'-Int. FA)

14' Stats (High-A) : W6-L3/4.00 ERA/13 G/13 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/67.2 IP/71 H/31 R/25 ER/3 HR/3 HBP/18 BB/48 K/1.32 WHIP/1.13 GO/AO
14' Stats (AA) : W3-L4/3.72 ERA/13 G/13 GS/1 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/77.1 IP/71 H/34 R/32 ER/7 HR/3 HBP/26 BB/63 K/1.25 WHIP/0.80 GO/AO

評価:B。ブレイクとなった昨年から引き続き、マイナー上層でしっかりと投げた。元々三振を奪いまくる選手ではなく、奪三振率は平凡だが、制球も整っており、多くのイニングを稼ぐ。球速は飛び抜けてはいないもののしっかりしているし、セカンドピッチ・サードピッチをしっかり駆使できるようになれば、先発下位の可能性も。

-------------------------------------------------------------------------------------

Mike Augliera, RHSP (12'-5th)

14' Stats (AA) : W8-L10/4.56 ERA/25 G/24 GS/1 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/148.0 IP/171 H/82 R/75 ER/12 HR/5 HBP/20 BB/76 K/1.29 WHIP/1.05 GO/AO

評価:D。制球と沈むボールでAAまで上がってきたが、先発としてはこの辺りが限界なのかも。制球は良いが、被打率が上がり、奪三振率は危険水準。頼みもゴロ率も平凡なレベルに落ちている。8月は向上しているが、来季はリリーフ行きかも。

-------------------------------------------------------------------------------------

Justin Haley, RHSP/RP (12'-6th)

14' Stats (High-A) : W7-L4/2.82 ERA/19 G/11 GS/1 CG/1 SHO/2 HLD/4 GF/1 SV/92.2 IP/77 H/34 R/29 ER/4 HR/6 HBP/23 BB/74 K/1.08 WHIP/1.29 GO/AO
14' Stats (AA) : W3-L2/1.19 ERA/6 G/6 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/37.2 IP/30 H/5 R/5 ER/2 HR/2 HBP/16 BB/33 K/1.22 WHIP/1.55 GO/AO

評価:B。同期のAuglieraには昇格スピードの点で一歩遅れを取っていたが、今季はHigh-Aでしっかり投げた後、AAに昇格して追い付いた。奪三振率はさすがに落ちているが、昨年は悩まされた制球も大きく改善。ゴロ率も高く、内容も伴っている。来季次第では、リリーフなどで出番があるかも。

-------------------------------------------------------------------------------------

Noe Ramirez, RHRP (11'-4th)

14' Stats (AA) : W2-L1/2.14 ERA/42 G/0 GS/0 CG/0 SHO/3 HLD/31 GF/18 SV/67.1 IP/56 H/17 R/16 ER/0 HR/3 HBP/16 BB/56 K/1.07 WHIP/0.78 GO/AO

評価:B。奪三振率は少し落ちたが、クローザーを1年間務めて18セーブ。被打率、四死球率共に素晴らしく、申し分のない安定感を見せている。リーグのAll-Starゲームの出場者に選ばれるも出場せず。ただこれだけの成績を残しているにも関わらず、AAAに昇格させなかったのが不思議。恐らくRule 5ドラフトが絡んでいるのだろうが、プロテクトせずにピックされる予感がプンプンする。POでは途中でAAAに昇格。

-------------------------------------------------------------------------------------

Aaron Kurcz, RHRP (12'-Acquired from CHC)

14' Stats (AA) : W3-L2/2.14 ERA/34 G/0 GS/0 CG/0 SHO/1 HLD/25 GF/3 SV/42.0 IP/32 H/11 R/10 ER/0 HR/2 HBP/22 BB/54 K/1.29 WHIP/0.80 GO/AO

評価:C。TJ明けだが、AAで持ち前の奪三振率を取り戻している。こちらもRule 5ドラフト対象だが、さすがにプロテクトする余裕は無さそう。

-------------------------------------------------------------------------------------

Keith Couch, RHSP (10'-13th) : 今季も高いゴロ率でAAの先発としての役割をキッチリ果たした。AFLに派遣されることが決まっている。AAAやMLBを狙うためには、注目の打者が集まるAFLで好投を見せたいところ。

Miguel Pena, LHSP (11'-6th) : 開幕からローテで投げていたものの、打ち込まれる試合が多く、リリーフに移すべきだと思っていたが、それよりも二度目のPEDで100試合の出場停止。左のリリーフになれる素養はあると思うが、これではリリースは確定的だろう。

Mike McCarthy, RHRP/SP (11'-14th) : 制球は良いものの、支配的なスタッフが無く、AA以上では捉えられる場面が目立つ。あと1、2シーズンマイナーのスウィングマンを務めてリリースか。

Wilfred Boscan, RHRP/SP (14'-MiLFA) : スウィングマンで投げ、平凡な成績。

Robby Scott, LHRP (11'-UDFA) : UDFAで入団し、最初の2年はショートシーズンで投げていただけだったが、昨季はHigh-A、今季はAAで左のリリーフとして好投している。リーグのAll-Starゲームに出場。対左の成績の方が悪いのは残念。

Pete Ruiz, RHRP (08'-10th) : MiLFAを控えた大事なシーズンだったがケガで出遅れ。AAでもまずまず投げてはいるが、強い印象は残せなかった。

Dayan Diaz, RHRP (13'-MiLFA) : High-Aでクローザーとして好投後、AAでも順調に投げている。まだ25歳だし、割と面白いと思うけど、オフに再契約するかはわかりません。

-------------------------------------------------------------------------------------

[Hitters]

Carson Blair, C (08'-35th)

14' Stats (High-A) : 67 G/238 AB/62 H/19 2B/2 3B/9 HR/112 TB/40 R/41 RBI/48 BB/88 SO/0 SB/0 CS/.261 AVG/.385 OBP/.471 SLG/.855 OPS/9 E
14' Stats (AA) : 17 G/59 AB/17 H/6 2B/1 3B/2 HR/31 TB/11 R/8 RBI/10 BB/19 SO/0 SB/0 CS/.288 AVG/.394 OBP/.525 SLG/.920 OPS/0 E

評価:A。C. Vazquezと同期だが、BOSに入団後に捕手転向したこともあり、長らく活躍できていなかったが、今季レギュラー起用でとうとう開花。High-Aで序盤やや低調だったが、調子を上げてくると、持ち前のパワーを遺憾なく発揮。XBH%は50%近いし、ボールもじっくり選ぶ。AA昇格後も少ないサンプル数ながら同様の打撃を披露。最大の問題はオフにMiLFAとなることだが、再契約を狙って欲しいというのは言うに及ばず、40人ロスターに入れてしまって流出を防ぐことも十分に考慮すべきとまで思っている。捕手だけに年齢が高めなのはあまり気にしなくて良いと思うし、元IFだけに運動能力もありそう。

-------------------------------------------------------------------------------------

Sean Coyle, 2B/3B (10'-3rd)

14' Stats (AA) : 97 G/336 AB/99 H/23 2B/1 3B/16 HR/172 TB/60 R/61 RBI/38 BB/95 SO/13 SB/1 CS/.295 AVG/.371 OBP/.512 SLG/.883 OPS/11 E

評価:C。M. Bettsとの共存のため、開幕は3Bで迎えたが、BettsがAAAに先に行ってしまった後は2Bがメイン。成績的には三振が多いものの、ようやくアベレージが付いて来ており、パワーは相変わらず素晴らしい。選球眼・スピードもしっかりしており、あとは健康にプレーするのみなのだが。リーグのAll-Starゲームに出場。オフはAFLに参加。

-------------------------------------------------------------------------------------

Keury De La Cruz, LF (09'-Int. FA)

14' Stats (AA) : 70 G/258 AB/76 H/15 2B/0 3B/7 HR/112 TB/30 R/30 RBI/14 BB/55 SO/3 SB/2 CS/.295 AVG/.327 OBP/.434 SLG/.761 OPS/2 E

評価:D。キャリア初期はCFだったのが、今やLF専任に。コンタクトは良いし、パワーもまずまずだが、選球眼が伸びていない。スピードも年々発揮できなくなっており、もう少し打力を見せないと厳しい。勝負の年にケガで離脱というのもいただけない。

-------------------------------------------------------------------------------------

Henry Ramos, RF/CF/LF (10'-5th)

14' Stats (AA) : 48 G/181 AB/59 H/9 2B/2 3B/2 HR/78 TB/26 R/23 RBI/11 BB/38 SO/2 SB/4 CS/.326 AVG/.368 OBP/.431 SLG/.799 OPS/4 E

評価:C。やや早打ち気味ながら、序盤は初挑戦のAAで快調に打っていたが、5月末に足の披露骨折で離脱。そのまま復帰できずにシーズンを終えた。まだ若いし、期待はしているが、来季は勝負の年になりそう。

-------------------------------------------------------------------------------------

Michael Brenly, C/1B/LF/3B (14'-MiLFA) : AAの控え捕手だが、1B以外にもユーティリティーに3BやLFをプレーした。打撃はさっぱり。

Stefan Welch, 1B/3B (13'-Acquired from PIT) : 1B/3B控えタイプだが、Shawが早めにAAAに行ったため、1Bで多くの機会を得た。ある程度ボールを見ているが、今季はアベレージ・パワー共に落第点。

David Chester, 1B (11'-33rd) : 昨年、年齢が高いながらLow-A/High-Aを打ち込み、今季次第ではProspectとして見れるかもと、ちょっと注目していたが、相変わらずパワーはあるものの、ケガもあったし、上層ではあまり打てなかった。

Ryan Dent, SS/2B/LF/3B/RF/CF (07'-1st Supp.) : 昨オフにMiLFAとなったが、ロスターフィラーとしてか再契約。今季はHigh-Aに戻って開幕を迎えた。Vinicioの離脱により、久しぶりにSSで多くの時間を過ごした。High-Aではぼちぼち打っている印象だったが、結局は.250以下のアベレージ。再々契約は無さそう。

Jonathan Roof, 3B/RF/LF/2B/SS (Selected in Rule 5 Draft (AAA Phase) from PHI) : Prospectの少ないHigh-Aで開幕3Bとしてプレー。High-A/AAでユーティリティーとして多くのポジションでプレーした。High-Aでは3割を超えるアベレージを残して、リーグのAll-Starゲームの出場選手に選ばれるも、AA昇格のため出場せず。

Heiker Meneses, SS/3B/2B (08'-Int. FA) : 昨オフのFILやウィンターリーグでは捕手やOFでもプレーしたが、シーズン中はIFでプレー。守備面では買われているのでしょうが、Prospectというよりはロスターフィラーの色合いが濃くなった。打撃はさっぱり。オフにMiLFAで抜けそう。

Mike Miller, SS/2B/3B (12'-9th) : 昨季序盤のケガが長引いて、今季も出遅れたが、復帰後はHigh-Aでよく打ち、一気にAAまで昇格。ここでもアベレージをしっかり残している。年齢は高めだし、パワーも平凡だが、コンタクトと選球眼は悪くない。ケガでサンプル数が少ないこともあり、Prospectとして紹介していないが、来季も同じようにコンタクトできれば、守備次第ではIF-UTとして出番があるかも。

Peter Hissey, LF/RF/CF (08'-4th) : 開幕はVictorinoの離脱による玉突き人事で急遽AAAへ。その後はAAに戻ってプレーし、アベレージ .287を残したが、ケガで多くの期間を離脱。オフにMiLFAで抜けるだろう。

Kevin Heller, LF/RF (12'-40th) : 控えタイプの選手だが、序盤はProspectの少ないHigh-Aで活躍。High-AのAll-Starゲームにも出場した。その後は成績を落とした。

Shannon Wilkerson, CF/RF/LF (09'-8th) : 今季は一時AAAにいたが、メインはAA。パワー・選球眼もイマイチで、打撃にはあまり見るべきところがないが、BOSは彼の守備力を買っているのか、ここ2年は上層でCFで起用されることが多い。

0 件のコメント: