今年のレッドソックスについてどう思いますか?

2014年9月8日月曜日

14' Minor League Stats - Pawtucket Red Sox (AAA)

AAA Pawtucketのスタッツです。今季もW79-L65でPO進出。序盤少しもたついたが、AAの快進撃を支えていたTop Prospect陣がどんどん加わり、ロスターがさらに充実してくると同時に勝率も上がっていった。POでは昨年決勝で敗れたTB-AAAにリベンジで、ここ3年で2度目のGovernor's Cupを制した。PCL優勝チームとのAAAチャンピオンシップゲームには敗れたものの成功のシーズンでした。特に先発陣はRanaudo、Barnesを中心に、MLBでの時間も長かったがWorkman、R. De La Rosa、Webster、それに中盤以降は復帰のS. WrightとOwensの昇格、それにE. Escobarの加入もあって、オールシーズンで強力なローテだった。野手ではCecchiniがやや停滞のシーズンで、D. MarreroやSwihartの昇格組も少し苦戦しているが、M. Bettsはここでも圧倒的だった。


[Pitchers]

Henry Owens, LHSP (11'-1st Supp.)

14' Stats (AA) : W14-L4/2.60 ERA/20 G/20 GS/3 CG/2 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/121.0 IP/89 H/36 R/35 ER/6 HR/3 HBP/47 BB/126 K/1.12 WHIP/1.13 GO/AO
14' Stats (AAA) : W3-L1/4.03 ERA/6 G/6 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/38.0 IP/32 H/17 R/17 ER/4 HR/3 HBP/12 BB/44 K/1.16 WHIP/0.76 GO/AO

評価:A。傘下のNo.1投手Prospectとして臨んだシーズンだったが、その地位をより磐石にした。今季の初登板でいきなりノーヒッター。数試合を完璧に投げた後、少しコマンドを崩したが、Jim Callisさんが「弱点は制球だけ」とツィートしたのに反応したのかはわからないけど、その後は省エネピッチングに目覚め、奪三振率は少し落ちたものの、制球を改善し、多くのイニングを軽々投げるように。AAのAll-Starゲームの出場者に選ばれるも出場しなかったが、代わりにFutures GameのUSチームの先発を務めた。AAA昇格後も風格を漂わせる投球。制球に関しては、ストライクを取るのに全く苦労していないし、心配もしていない。多くの識者が口を揃えて「マイナー最高」と言うチェンジアップに加え、カーブにも磨きがかかり、あとは球速は平凡な速球を狙い通り投げるコマンドが磨かれれば、今すぐにでもMLBで平均以上の先発になれると思う。Eastern Leagueの最優秀投手に選出。

-------------------------------------------------------------------------------------

Anthony Ranaudo, RHSP (10'-1st Supp.)

14' Stats (AAA) : W14-L4/2.61 ERA/24 G/24 GS/1 CG/1 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/138.0 IP/112 H/45 R/40 ER/9 HR/4 HBP/54 BB/111 K/1.20 WHIP/0.64 GO/AO
14' Stats (MLB) : W4-L3/4.81 ERA/7 G/7 GS/0 CG/0 SHO/0 SV/39.1 IP/39 H/21 R/21 ER/10 HR/0 HBP/16 BB/15 K/1.40 WHIP/0.59 GO/AO

評価:B。MLBで投げている姿を見ていても、そこまでドミナントなスタッフには見えないが、とにかくAAAでは被打率が低く、しっかり抑えているし、MLBデビューも順調だった。昨季に引き続き、成功のシーズンだったと言える。ただ現状では先発下位にしか見えないし、もう一歩上の選手になれるよう、平均球威の上積み、低めへのコマンド、サードピッチ等に磨きを掛けて欲しい。AAAのAll-Starゲームの出場者に選出されるも登板せず。International Leagueの最優秀投手に選出。

-------------------------------------------------------------------------------------

Matt Barnes, RHSP/RP (11'-1st)

14' Stats (AAA) : W8-L9/3.95 ERA/23 G/22 GS/0 CG/0 SHO/1 HLD/0 GF/0 SV/127.2 IP/119 H/60 R/56 ER/8 HR/3 HBP/46 BB/103 K/1.29 WHIP/0.84 GO/AO
14' Stats (MLB) : W0-L0/4.00 ERA/5 G/0 GS0 CG/0 SHO/0 SV/9.0 IP/11 H/4 R/4 ER/1 HR/0 HBP/2 BB/8 K/1.44 WHIP/0.38 GO/AO

評価:C。肩のケガでSTから少し出遅れ、4月末にAAAに合流。しかしその影響からか、昨季のAA同様ピリッとしない登板が続き、昨季は高かった奪三振率も急落。前半戦を防御率5点台で終えた時は、来年仕切り直しかと失望したが、All-Star明けの登板から別人のようにドミナントな投手に。被打率が一気に落ち、K/BBも大きく改善。結局POまで全ての登板で課題だった深いイニングまで相手打者を圧倒し続けた。カーブもまだ試合によってバラつきがあるが、良い時は鋭い変化を見せているし、このクラスでも速球で空振りを奪いまくれるのは魅力的。

-------------------------------------------------------------------------------------

Steven Wright, RHSP/RP (12'-Acquired from CLE)

14' Stats (AA) : W1-L0/3.60 ERA/1 G/1 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/5.0 IP/5 H/3 R/2 ER/1 HR/0 HBP/1 BB/4 K/1.20 WHIP/8.00 GO/AO
14' Stats (AAA) : W5-L5/3.41 ERA/15 G/15 GS/1 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/95.0 IP/86 H/43 R/36 ER/9 HR/1 HBP/22 BB/68 K/1.14 WHIP/1.32 GO/AO
14' Stats (MLB) : W0-L1/2.57 ERA/6 G/1 GS/0 CG/0 SHO/0 SV/21.0 IP/21 H/8 R/6 ER/2 HR/0 HBP/4 BB/22 K/1.19 WHIP/2.55 GO/AO

評価:C。ヘルニアで出遅れ。AAAに戻ってしばらくはドミナントな投球を見せていたが、終盤やや失速。制球に関しては昨年より落ち着いているが、先発豊富なBOSでは、ナックルボーラーということで使いにくい感もある。C. Vazquezのようにマイナーで組んだことのある捕手がBOSにいる間にアピールしたい。

-------------------------------------------------------------------------------------

Edwin Escobar, LHSP/RP (14'-Acquired from SF)

14' Stats (AAA (SF)) : W3-L8/5.11 ERA/20 G/20 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/111.0 IP/128 H/69 R/63 ER/16 HR/6 HBP/37 BB/96 K/1.49 WHIP/1.00 GO/AO
14' Stats (AAA) : W0-L2/4.28 ERA/5 G/5 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/27.1 IP/33 H/15 R/13 ER/3 HR/0 HBP/8 BB/20 K/1.50 WHIP/0.90 GO/AO
14' Stats (MLB) : W0-L0/4.50 ERA/2 G/0 GS/0 CG/0 SHO/0 SV/2.0 IP/1 H/1 R/1 ER/0 HR/1 HBP/0 BB/2 K/0.50 WHIP/0.33 GO/AO

評価:C。同じくフラッグディールでやってきた左腕のE. Rodriguezがパワースタッフを見せており、ややその影に隠れているが、こちらも移籍以降、1試合炎上した試合を除き、よくやっている。先発下位の可能性を持った選手だが、それは足りているので、リリーフで使うか、再びトレードに出すかを考えていそうだが。実際MLBではリリーフで投げている。

-------------------------------------------------------------------------------------

Dalier Hinojosa, RHRP (13'-Int. FA)

14' Stats (AAA) : W3-L5/3.79 ERA/41 G/0 GS/0 CG/0 SHO/3 HLD/12 GF/3 SV/61.2 IP/39 H/27 R/26 ER/5 HR/1 HBP/33 BB/65 K/1.17 WHIP/0.57 GO/AO

評価:D。奪三振率もしっかりしているし、被打率の割に高かった防御率も最終的には落ち着いた。しかし$4Mのボーナスを受け取った選手がリリーフに集中してこれでは期待外れとしか言えない。フライ比率の高さもあまり印象が良くない。

-------------------------------------------------------------------------------------

Drake Britton, LHRP (07'-23rd)

14' Stats (AAA) : W2-L3/5.86 ERA/45 G/0 GS/0 CG/0 SHO/5 HLD/22 GF/5 SV/58.1 IP/77 H/41 R/38 ER/8 HR/0 HBP/38 BB/37 K/1.97 WHIP/1.13 GO/AO
14' Stats (MLB) : W0-L0/0.00 ERA/7 G/0 GS/0 CG/0 SHO/0 SV/6.2 IP/5 H/0 R/0 ER/0 HR/0 HBP/2 BB/4 K/1.05 WHIP/0.60 GO/AO

評価:F。全く言い訳しようのない最悪なシーズンだった。ST序盤でFarrell監督を唸らせる好投を見せたが、後半になって打たれ始めると、初めてリリーフに専念したシーズンで全く良いところが無かった。四球が多く、K/BBは1を切る始末。被打率も高く、左もあまり抑えられなかった。上で左のリリーフが必要になった場面でも、当初40人枠外だったLayneを呼ばざるを得なかったほど。

-------------------------------------------------------------------------------------

Heath Hembree, RHRP (14'-Acquired from SF)

14' Stats (AAA (SF)) : W1-L3/3.98 ERA/41 G/0 GS/0 CG/0 SHO/1 HLD/35 GF/18 SV/39.1 IP/40 H/18 R/17 ER/5 HR/2 HBP/13 BB/46 K/1.35 WHIP/0.47 GO/AO
14' Stats (AAA) : W0-L1/2.70 ERA/7 G/0 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/6 GF/2 SV/6.2 IP/5 H/5 R/2 ER/0 HR/0 HBP/5 BB/9 K/1.50 WHIP/0.20 GO/AO
14' Stats (MLB) : W0-L0/4.50 ERA/6 G/0 GS/0 CG/0 SHO/0 SV/10.0 IP/11 H/5 R/5 ER/1 HR/0 HBP/5 BB/6 K/1.60 WHIP/0.40 GO/AO

評価:D。AAAではマウンド上での存在感が違うと好評価だったが、MLBでは制球難に悩まされている。球速も以前ほどではないよう。球威が無ければ他にあまり武器の無い平凡な選手だし、何とか取り戻してもらいたいが。

-------------------------------------------------------------------------------------

Allen Webster, RHSP (12'-Acquired from LAD) : AAAではしっかり投げているが、奪三振率とゴロ率を少し落としたし、MLBではやはりコマンドがイマイチで四球でランナーを溜めては打ち込まれる試合が目立つ。Prospectは卒業となったが、あまり成長が感じられなかった1年に。彼に関しては、リリーフで取りあえずMLBにしっかり適応させるというのも悪くないかとも思っている。R. De La RosaがMLBの先発でまずまずやっているし、逆にクローザー候補があまりいない。ここまま先発として大成できずにくすぶるよりはクローザーとして育てるのも悪くはないと思うが。

Rubby De La Rosa, RHSP (12'-Acquired from LAD) : 圧倒的というほどではなく、球速もやや安定していない印象だが、AAAだけではなく、MLBでも先発としてまずまず投げている。先発上位になれないのなら、クローザーで使った方が、とも思っていたけど、Websterの状況も不透明だし、なんやかんやで先発はやはり重要。来季STでの他の選手の状態との兼ね合いもあるが、取りあえず来季も先発で投げそう。

Chris Hernandez, LHSP/RP (10'-7th) : MLBと行ったり来たりの選手が多い中で、スウィングマンとして先発・リリーフでフル回転した。相変わらず支配力に欠けるが、昨季打ち込まれたAAAでまずまず。ただ先発歴の長い選手だからなのか、先発時よりもリリーフ時の方が成績が悪い。対左を抑えているのは良いけど、今のBOSでは彼が上に呼ばれるとしたらリリーフだろうし。逆にAndrew Millerがトレードされ、BreslowやBrittonも今年はイマイチだし、左のリリーフは手薄でチャンスなのだが。

Brandon Workman, RHSP/RP (10'-2nd) : 開幕はマイナーで迎えるかと思ったが、Breslowの出遅れにより、一時しのぎとしてMLBのブルペンで開幕。一旦AAAに戻った後はずっと先発で投げている。AAA/MLBを通じて、まずまずの奪三振率と被打率でソリッドに投げているが、特に後半戦は球威が落ちており、被HR率の高さも気に掛かる。先発争いも厳しくなってきているし、まずはオフにしっかり休んで球威を取り戻したいが。

Ryan Verdugo, LHRP/SP (14'-Acquired from KC) : シーズン半ばにKCから獲得。KC傘下では先発として投げていたが、BOSでは主にリリーフ。制球やコマンドは不安定なものの、高い奪三振率を見せている。来季の左腕リリーフのデプス候補としての獲得だったと思うが、被打率やフライ率は高めだし、40人ロスターに入れて流出を防ぐまではいかなそう。再契約は狙いたいと思えるが。

Tommy Layne, LHRP (13'-MiLFA) : MiLFAで契約した選手だが、Brittonが不調に陥る中、AAAで対左を中心に好投し、MLBの切符を掴んだ。同じく開幕からAAAで投げていたRich Hillも悪くなかったが、オプションが残っており、来季も使える可能性があるというのがメリットだったか。AAAでAll-Starゲームに出場。

Alex Wilson, RHRP (09'-2nd) : 6月は大荒れしたが、AAAではソリッドな成績。MLBでもまずまず投げている。とは言え、MLBでは明らかに奪三振率も落ちているし、内容的にも平凡。かつては球威的にもっと期待していたが、球速の上積みがなければセットアップ等は望めない。

John Ely, RHRP (13'-MiLFA) : TJから復帰してまずまず投げているが、全体的に見て平凡。ゴロ率が高めなのは良いが。

Miguel Celestino, RHRP (10'-Acquired from SEA) : ようやくAAで期待通りの成績を残したが、AAAではまたもやや不安定に。三振は取れているが、K/BBやゴロ率が悪化している。少しずつは進歩しているし、若さと90 mph後半から100 mphに達する球威は魅力。昨オフはMiLFAで再契約したが、今季は再契約できるだろうか。

Jose Valdez, RHRP (14'-MiLFA) : AA/AAAで投げたが、登板数が少なめ。ケガというよりはDL待機という形だったように見える。

Brayan Villareal, RHRP (13'-Acquired from DET) : 今季もケガに悩まされてさっぱり。三振は取れているが、制球が改善する気配は無い。ケガ前はDETで才能を見せていただけに勿体無いですね。

-------------------------------------------------------------------------------------

[Hitters]

Blake Swihart, C (11'-1st)

14' Stats (AA) : 92 G/347 AB/104 H/23 2B/3 3B/12 HR/169 TB/47 R/55 RBI/29 BB/65 SO/7 SB/1 CS/.300 AVG/.353 OBP/.487 SLG/.840 OPS/8 E
14' Stats (AAA) : 18 G/69 AB/18 H/3 2B/1 3B/1 HR/26 TB/6 R/9 RBI/2 BB/15 SO/1 SB/0 CS/.261 AVG/.282 OBP/.377 SLG/.659 OPS/0 E

評価:A。初挑戦のAAをものともせず、安定した打撃を披露。昨年まではイマイチだったパワーも前半戦で2ケタHRと成長を見せた。守備でもCS%は50%近い数字を記録。攻守ともに優れたオールラウンド捕手として、打撃で評価を落とした同期のAustin Hedges (SD)などを凌いで、マイナーのNo.1捕手と言われるまでに。AAのAll-Starゲームに出場。一方昨年までは向上傾向だった選球眼が、序盤とAAA昇格後はやや失われていたし、さすがにAAAでは若干苦しんだ。そこさえクリアーすれば、MLB定着は目の前だろう。

-------------------------------------------------------------------------------------

Travis Shaw, 1B/3B (11'-9th)

14' Stats (AA) : 47 G/177 AB/54 H/8 2B/1 3B/11 HR/97 TB/35 R/37 RBI/29 BB/23 SO/5 SB/3 CS/.305 AVG/.406 OBP/.548 SLG/.954 OPS/4 E
14' Stats (AAA) : 81 G/313 AB/82 H/21 2B/1 3B/10 HR/135 TB/43 R/41 RBI/28 BB/76 SO/2 SB/0 CS/.262 AVG/.321 OBP/.431 SLG/.752 OPS/1 E

評価:C。3年目でようやくAAを攻略し、AAA昇格。パワーは見せたが、さすがにK/BBも落ち、下のクラスのようにはいっていない。好調で、成績が一気に上がってくる時期もあるが、やや不安定な印象。あともう一歩でMLBだし、希少な左のパワーヒッターなのでガンバって欲しいところ。

-------------------------------------------------------------------------------------

Garin Cecchini, 3B/LF (10'-4th)

14' Stats (AAA) : 114 G/407 AB/107 H/21 2B/1 3B/7 HR/151 TB/52 R/57 RBI/44 BB/99 SO/11 SB/1 CS/.263 AVG/.341 OBP/.371 SLG/.712 OPS/16 E
14' Stats (MLB) : 11 G/31 AB/8 H/3 2B/0 3B/1 HR/14 TB/6 R/4 RBI/3 BB/11 SO/0 SB/0 CS/.258 AVG/.361 OBP/.452 SLG/.813 OPS

評価:D。最後は調子を上げて終えたとは言え、長打率4割以下、OPS 8割以下では失望としか言いようがない。序盤は好調なスタートだったが失速。HRは今年も2ケタに届かなかった。MLBでの機会増に向けてLFでの経験も積んだものの、1歳下のM. Bettsに先にMLBに定着された。これが実力とは思っていないが、来季こそはMLB定着とパワーを発揮してもらわないと困る。上は左打者不足だし、言い訳はできない。

-------------------------------------------------------------------------------------

Deven Marrero, SS (12'-1st)

14' Stats (AA) : 68 G/268 AB/78 H/19 2B/2 3B/5 HR/116 TB/42 R/39 RBI/34 BB/57 SO/12 SB/7 CS/.291 AVG/.371 OBP/.433 SLG/.804 OPS/6 E
14' Stats (AAA) : 50 G/186 AB/39 H/11 2B/0 3B/1 HR/53 TB/23 R/20 RBI/12 BB/37 SO/4 SB/1 CS/.210 AVG/.260 OBP/.285 SLG/.545 OPS/6 E

評価:C。2年連続でMLBのSTに呼ばれると、AAでは長打も増えて、よく打った。この時点では、来季のMLBのSSに、という声も上がっていたが、AAA昇格後は成績を落とした。来季アジャストできれば問題ないけどどうか。守備面はいつでもMLBのSSを務められるレベルに達している。

-------------------------------------------------------------------------------------

Bryce Brentz, LF/RF (10'-1st Supp.)

14' Stats (GCL) : 7 G/18 AB/1 H/1 2B/0 3B/0 HR/2 TB/1 R/0 RBI/3 BB/5 SO/0 SB/0 CS/.056 AVG/.190 OBP/.111 SLG/0.302 OPS/0 E
14' Stats (SS-A) : 2 G/8 AB/1 H/0 2B/0 3B/0 HR/1 TB/2 R/1 RBI/1 BB/2 SO/0 SB/0 CS/.125 AVG/.200 OBP/.125 SLG/0.325 OPS/0 E
14' Stats (AAA) : 63 G/230 AB/56 H/11 2B/2 3B/12 HR/107 TB/42 R/53 RBI/32 BB/58 SO/0 SB/1 CS/.243 AVG/.341 OBP/.465 SLG/.806 OPS/1 E
14' Stats (MLB) : 9 G/26 AB/8 H/2 2B/0 3B/0 HR/10 TB/5 R/2 RBI/0 BB/9 SO/0 SB/0 CS/.308 AVG/.308 OBP/.385 SLG/.692 OPS

評価:E。前半戦、ボールを見ることに集中してるかと思ったが、そのせいで打撃を崩したか、低アベレージに。一時DL入りして復帰後はさすがのパワーを見せた。甘く入った速球をスタンドインできるパワーは魅力だが、このままではMiddlebrooksの二の舞になるのは火を見るより明らか。来季こそはアグレッシブさと選球眼を上手く融合して欲しいが、OFの競争も激しくなっているしどうか。

-------------------------------------------------------------------------------------

Derrik Gibson, CF/LF/SS/2B/3B/RF (08'-2nd)

14' Stats (AA) : 85 G/291 AB/88 H/15 2B/3 3B/2 HR/115 TB/49 R/26 RBI/38 BB/54 SO/8 SB/7 CS/.302 AVG/.390 OBP/.395 SLG/.785 OPS/8 E
14' Stats (AAA) : 21 G/78 AB/19 H/2 2B/2 3B/2 HR/31 TB/9 R/9 RBI/4 BB/15 SO/2 SB/0 CS/.244 AVG/.282 OBP/.397 SLG/.680 OPS/0 E

評価:B。最早終わったProspectだと見られていたが、中盤戦からAAでM. Bettsの抜けたCFに定着すると、突如打撃が開花。最終的に3割を超えるアベレージを残しAAAへ。AAのAll-Starゲームに出場。パワーは無いが、以前からM-IFとしては高い選球眼を示していた。かつて傘下最速と言われたスピードを塁上で生かし切れていないのは残念だが、色々守れる点も合わせて、HoltのようにUTとしてMLBに上げてもおかしくないところまで戻って来ている。個人的にはRiveroの代わりに上で試して欲しかった。オフにMiLFAだけど、流出を防ぎたいところだが。

-------------------------------------------------------------------------------------

Alex Hassan, RF/LF/1B (09'-20th)

14' Stats (AAA) : 114 G/408 AB/117 H/31 2B/1 3B/8 HR/174 TB/66 R/55 RBI/60 BB/109 SO/2 SB/2 CS/.287 AVG/.378 OBP/.426 SLG/.804 OPS/2 E
14' Stats (MLB) : 3 G/8 AB/1 H/0 2B/0 3B/0 HR/1 TB/1 R/0 RBI/1 BB/5 SO/0 SB/0 CS/.125 AVG/.222 OBP/.125 SLG/.347 OPS

評価:C。MLBからAAAに戻ってしばらくはパワーを見せた時期もあったが、年間で見ればやはり高い出塁率とC-OFとしてはやや物足りないパワーというのは変わらなかった。ベンチバットやプラトーンなら使える状態に近づいているけど、右打ちのC-OFを多く獲ってしまったのは、彼にとってはマイナス。セプテンバーコールアップでも、40人枠で健康な選手の中で1人だけ上に呼ばれなかった。

-------------------------------------------------------------------------------------

Dan Butler, C (09'-UDFA) : 開幕時は多くの捕手がロスターにいたが、A. J. Pierzynskiはリリース、Lavarnwayは1Bメインに転向で、後半戦は第3の捕手に。ただ昨年後半に開花した打撃はまた逆戻りで、アピールポイントに欠ける。

Christian Vazquez, C (08'-9th) : パワー面ではやはり平凡に終わったが、シーズン半ばでPOを諦めたこともあり、A. J. Pierzynskiを切ってコールアップ。来季に向けて、正捕手として経験を積ませている。肩はさすがでフレーミングも素晴らしい。あとはMLBで打てるかどうかだけ。

Matt Spring, C/1B (11'-MiLFA) : 昨年はAAのAll-Starゲームに出場するなど、キャリアハイライトとなったが、今季はマイナー上層の捕手の厚さもあり、出番が一気に減った。若手投手に信頼されているようで、選手としてではなく、指導者等を目指してプレイイングコーチのような扱いになっているのかも。

Jayson Hernandez, C (10'-41st) : DL待機の第3、4の捕手だが、今年は出番は少なかった。

Ryan Lavarnway, 1B/C (08'-6th) : とうとうSTで1B転向。今季も一応捕手を守ったものの、最早主戦場は1Bに。有鉤骨の骨折もあり、やや少なめのサンプルながら、AAAではまずまず打っているし、選球眼も悪くないが、こうなってはかつてのようなパワーを見せられない限り使いようがない。

Brandon Snyder, 1B/LF/3B (13'-MiLFA) : C-IF/C-OFのデプスとして再契約したが、Holtのブレイクもあり、出番を失った。ShawのAAA昇格後はケガなのかよくわからないけどDL入りのままでシーズン終了。

Justin Henry, 2B/LF/1B/CF/RF (12'-Acquired from DET) : 傘下での2年目もAAAのロスターフィラーとしてプレー。K/BBは良いがパワーは無い。

Ryan Roberts, 2B/3B/LF (14'-FA) : Middlebrooksの離脱により急遽契約。DFA後も傘下に留まった。AAAではまずまず打っているが。

Jonathan Herrera, 2B/SS/3B/1B (13'-Acquired from COL) : 育ってきたリリーフのChris Martinを出してわざわざ得たIF控えだったが、打撃の弱さもあり、全く重用されず。STでIF控えの座を争ったHoltがMLBに定着すると、代わりにマイナーへ。9月まで待機の予定だったが、故障でシーズンアウト。

Carlos Rivero, 3B/SS/LF (13'-MiLFA) : C-IF/C-OFとしてはパワーが無く、平凡な打者だが、SSを守れるという利点もあり、Stephen Drewがトレードで、Jonathan Herreraがケガで抜けた後半戦に、キャリア9年目にしてMLBデビューを飾った。

Brock Holt, 3B/RF/SS/2B/CF/LF/1B (12'-Acquired from PIT) : 今季最大の発見。スーパーユーティリーティーとして、バッテリー以外の7ポジション全てで先発出場を果たした。まずはMiddlebrooksの離脱で3B代役として、Stephen Drewの加入で、X. Bogaertsが3Bに移ると、今度はNapoliの代役で1Bへ。この辺りまでで、1番に定着すると、Napoliの復帰後はマイナーでは一度も守っていないOF 3ポジションを中心に、いずれかのポジションでリードオフとして常時出場機会を得た。パワーは平凡だし、アベレージ・出塁も少しずつ落ちて来ており、来季はもう一度スタートダッシュを期待したいが、不慣れながらも多くのポジションを無難にこなしており、チームに少ない左打ちということもあり、UTの枠は確定的と言える。

Ivan De Jesus, Jr., SS/2B/3B (14'-Acquired from BAL) : 8月のウェイバートレードで、Kelly Johnsonの見返りとして出戻り。BOS傘下ではレギュラーシーズンは2試合に出場したのみ。マイナーでは相変わらず、しっかりしたコンタクトとまずまずの選球眼を見せているが、MLBでは2B向きと言われており、もう一歩どこかでアピールしたい。

Mike McCoy, SS/2B/CF/3B (13'-MiLFA) : ユーティリティー選手の1人として、時折DL入りしながらプレー。守備はともかく、打撃面ではAAAでも打てなくなってきている。

Corey Brown, CF/RF/LF (14'-MiLFA) : AAAにはピュアなCFが開幕からいなかったこともあり多くの機会を稼いだ。アベレージ・選球眼はイマイチだが、17 HRとCFとしてはパワーがある。一時期穴埋めでMLBに昇格もすぐにDFAされた。

Mookie Betts, CF/2B/RF (11'-5th) : 昨季のブレイクに引き続き、今季前半はAA/AAAを圧倒し、2BのProspectとしては、全マイナーでもNo.1との評価を確固たるものに。コンタクト・選球眼はもちろん、マイナーで400 AB程度で11 HRとパワーの覚醒がフロックではなかったことを証明している。また守備面では2B守備には問題がないものの、Pedroiaの存在もあり、OF転向は確定的といわれていたが、あまりの打撃の進歩に、予定を早めてOFコンバートを行った。まだ経験を積む必要はあるが、既に高いスピードと身体能力で、素晴らしいプレーを見せている。他のProspectと違って、比較的MLBへの適応も順調だ。

0 件のコメント: