今年のレッドソックスについてどう思いますか?

2014年9月3日水曜日

14' Minor League Stats - Salem Red Sox (High-A)

High-A Salemのスタッツです。勝率はちょうど5割のW68-L68。前半戦と後半戦のディビジョン優勝チームが同じだったため、繰上げということですが一応POに進出。POではセミファイナルで敗退しています。今季はAA以上でプレーした昨季の中心選手たちが抜け、特に開幕時の野手は期待を裏切り続けているVinicioがいる程度で酷い有様でしたが、後半戦はAsuajeやMargotの昇格もあり、少しは見所が増えた。投手陣では、Kukukがもう一歩輝かなかったのが残念。


[Pitchers]

Pat Light, RHSP (12'-1st Supp.)

14' Stats (Low-A) : W2-L0/4.15 ERA/3 G/3 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/17.1 IP/15 H/9 R/8 ER/1 HR/0 HBP/4 BB/19 K/1.10 WHIP/1.91 GO/AO
14' Stats (High-A) : W6-L6/4.93 ERA/22 G/22 GS/1 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/115.0 IP/135 H/67 R/63 ER/10 HR/6 HBP/33 BB/57 K/1.27 WHIP/1.13 GO/AO

評価:E。Low-Aをリピートしたが、3試合に投げてHigh-A昇格。やっと期待できるかと思ったが、昇格以降はまたもドラ1には到底見えない投球。後半戦は特に7月は被打率が下がってまずまずだったが、8月はまだ逆戻り。速球は98 mphを記録したりしているのだが、奪三振率が4.50を切るという絶望的な状態。来季はリリーフに移すべきだと思う。

-------------------------------------------------------------------------------------

Cody Kukuk, LHSP (12'-Int. FA)

14' Stats (Low-A) : W3-L0/1.88 ERA/5 G/5 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/24.0 IP/18 H/6 R/5 ER/1 HR/0 HBP/12 BB/29 K/1.25 WHIP/1.18 GO/AO
14' Stats (High-A) : W4-L7/5.26 ERA/20 G/20 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/78.2 IP/71 H/53 R/46 ER/2 HR/3 HBP/71 BB/87 K/1.81 WHIP/1.18 GO/AO

評価:D。STで制球が改善したと言われていたが、再び制球難が問題に。開幕は再びLow-Aに向かったのは意外だったが、しっかり力を見せてHigh-Aへ。序盤まずまず投げたものの、6月は制球がボロボロで完全に崩壊。しかし7、8月は持ち前の力のあるボールを再び見せた。速球は97 mphと左腕としてはズバ抜けているし、スライダーも決まっていれば素晴らしい威力を発揮している。本当は今季全体Top 100クラスへのブレイクを期待していただけに、評価は辛くしているが、制球さえ改善できればエースにもなり得る。来季こそはブレイクを。

-------------------------------------------------------------------------------------

Heri Quevedo, RHSP (12'-Int. FA)

14' Stats (SS-A) : W5-L3/7.17 ERA/11 G/9 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/54.0 IP/65 H/45 R/43 ER/8 HR/3 HBP/20 BB/40 K/1.57 WHIP/0.90 GO/AO
14' Stats (High-A) : W1-L1/4.29 ERA/4 G/4 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/21.0 IP/22 H/11 R/10 ER/0 HR/1 HBP/6 BB/19 K/1.05 WHIP/1.17 GO/AO

評価:D。ケガで大幅に出遅れ、復帰後もピリッとしない投球を続けて、しばらくSS-Aにい続けた。High-A復帰後は悪くない投球を見せたものの、昨季もここでしっかり投げていた訳で、今季1年をムダにした感が強い。

-------------------------------------------------------------------------------------

Simon Mercedes, RHSP/RP (12'-Int. FA)

14' Stats (SS-A) : W0-L0/1.64 ERA/3 G/1 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/11.0 IP/13 H/2 R/2 ER/0 HR/0 HBP/3 BB/5 K/1.45 WHIP/2.13 GO/AO
14' Stats (High-A) : W5-L10/4.76 ERA/19 G/14 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/2 GF/1 SV/85.0 IP/85 H/50 R/45 ER/6 HR/3 HBP/38 BB/74 K/1.45 WHIP/1.55 GO/AO

評価:C。年齢が高めなこともあり、実質2年目にしてLow-AをスキップしてHigh-Aへ。序盤Piggy-Backを務めたが、すぐに先発へ。中盤一時戦列を離れ、SS-Aを経由して復帰した直後は打たれたが、8月は持ち直し、特に最終登板は素晴らしかった。三振もまずまず取れているし、ゴロ率が高い。来季は本格ブレイクに期待。

-------------------------------------------------------------------------------------

Joe Gunkel, RHSP/RP (13'-18th)

14' Stats (Low-A) : W3-L0/2.28 ERA/17 G/5 GS/0 CG/0 SHO/3 HLD/7 GF/2 SV/51.1 IP/26 H/15 R/13 ER/3 HR/6 HBP/11 BB/62 K/0.72 WHIP/1.14 GO/AO
14' Stats (High-A) : W3-L5/4.64 ERA/10 G/10 GS/1 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/52.1 IP/62 H/32 R/27 ER/3 HR/2 HBP/13 BB/39 K/1.43 WHIP/1.05 GO/AO

評価:C。昨季はリリーフとして圧倒的な成績を残し、John Sickelsさんのリストなどで高く評価された。序盤Low-Aでクローザーから少しずつイニングを増やしPiggy-Backを務め、圧倒な被打率と高い奪三振率を記録。しかし、スタッフよりもコマンドによる好成績だったのか、High-Aではドミナントな投球は見られず。あまり長いイニングを投げたことがないだろうし、疲れもあったかもしれないが。Low-AのAll-Starゲームの出場者に選ばれるも出場せず。

-------------------------------------------------------------------------------------

Austin Maddox, RHRP (12'-3rd)

14' Stats (High-A) : W1-L1/5.82 ERA/10 G/0 GS/0 CG/0 SHO/3 HLD/2 GF/1 SV/21.2 IP/20 H/14 R/14 ER/5 HR/1 HBP/3 BB/22 K/1.06 WHIP/1.56 GO/AO

評価:E。被弾の多さは気になるものの、リリーフに専念し、優秀なK/BBとゴロ率を残していたが、5月中旬以降Inactive Listに入ったままシーズンを終えた。理由は不明で、終盤SS-Aにアサインされ直したが、結局出場無し。

-------------------------------------------------------------------------------------

Madison Younginer, RHRP (09'-7th)

14' Stats (High-A) : W3-L3/4.08 ERA/35 G/0 GS/0 CG/0 SHO/7 HLD/17 GF/2 SV/57.1 IP/61 H/31 R/26 ER/0 HR/1 HBP/25 BB/55 K/1.50 WHIP/1.06 GO/AO

評価:C。4、7月は打ち込まれたが、他の月はしっかりと投げた。最終的にはまずまずのライン。元々の期待度と、まだHigh-Aということを考えれば、褒めるほどではないが。BAからCarolina LeagueのNo.1カーブに選ばれており、被HRゼロも目を引く。来季こそはAAからMLBまで駆け上がるくらいの投球を期待している。POではHigh-Aが敗退後AAに昇格。

-------------------------------------------------------------------------------------

William Cuevas, RHSP/RP (08'-Int. FA) : High-A 2年目だが、目立った進歩は無し。K/BBがイマイチで、フライボーラー傾向が強い。短いイニングに集中させてもとも思うが。

Kyle Kraus, RHRP/SP (12'-7th) : 昨年のLow-Aで好投し、以降マイナーのスウィングマンとして先発・リリーフでフル回転している。今年はHigh-Aでやや打たれており、この辺りまでか。

Jacob Dahlstrand, RHRP/SP (10'-10th) : Low-AでPiggy-Backで投げた後、High-A昇格後は先発の枠に入っている。シンカーボーラーで奪三振率は低めだが、ゴロをよく打たせている。ドラフトから長く芽が出なかったけど、HS出身だけにまだ若いし、現在は最速97 mphを記録しているそう。セカンドピッチ以降はまだまだだろうけど、来季が楽しみです。

Jonathan Aro, RHRP/SP (11'-Int. FA) : Low-A/High-AでPiggy-Backでよく投げた。高めの年齢で契約した選手で、昇格スピードも早くもないが、昨年・今年と優れたK/BBと被打率を残している。Low-AのAll-Starゲームの出場者に選ばれるも出場せず。スタッフ的にもズバ抜けてはいないけど、SP.comでは割と評価されている。

Kyle Martin, RHRP (13'-9th) : 全てリリーフ登板ながら、35 G/80.2 IPを投げており、ロングリリーフで投げまくり、チームトップの10セーブ。MLBに上がれるほどの上限は無いだろうけど、今のところよくやっている。

Nate Reed, LHRP (13'-MiLFA) : 対左をよく抑えているが、制球がイマイチで、被打率の割にはWHIPが高い。

Matty Ott, RHRP (11'-13th) : AAで打ち込まれてHigh-Aへ降格。こちらではしっかりと投げているものの、昨年もここでは十分に投げていたため、あまり評価はできない。

Taylor Grover, RHRP (13'-10th) : Low-Aでしっかり投げた後、High-Aで少ないサンプルながら良い投球を見せている。スモールスクールで年齢も高いだけに評価は高くなかったけど、ドラフト以降好投している。

-------------------------------------------------------------------------------------

[Hitters]

Jordan Weems, C (11'-3rd)

14' Stats (Low-A) : 50 G/163 AB/27 H/4 2B/2 3B/0 HR/35 TB/16 R/9 RBI/25 BB/68 SO/6 SB/0 CS/.166 AVG/.283 OBP/.215 SLG/.497 OPS/5 E
14' Stats (High-A) : 24 G/82 AB/27 H/4 2B/0 3B/1 HR/34 TB/13 R/6 RBI/9 BB/24 SO/2 SB/0 CS/.329 AVG/.409 OBP/.415 SLG/.823 OPS/3 E

評価:D。Low-A 3年目も1割台のアベレージに悩み、控え捕手のRomanskiの方がオールスターに選ばれるという状態だったが、前半戦終了間際になって打ち始め、いつまでもLow-Aに置いておく訳にはいかないということなのか、Romanskiよりも先にHigh-Aへ昇格すると、意外にもよく打った。ケガで最後離脱したこともあり、サンプルが少ないし、相変わらずパワーはないが、何かを掴んだと信じたい。

-------------------------------------------------------------------------------------

Carlos Asuaje, 2B/3B/LF/SS (13'-11th)

14' Stats (Low-A) : 90 G/325 AB/99 H/24 2B/10 3B/11 HR/176 TB/59 R/73 RBI/41 BB/56 SO/7 SB/4 CS/.305 AVG/.391 OBP/.542 SLG/.933 OPS/5 E
14' Stats (High-A) : 39 G/155 AB/50 H/14 2B/2 3B/4 HR/80 TB/27 R/28 RBI/18 BB/34 SO/1 SB/3 CS/.323 AVG/.398 OBP/.516 SLG/.914 OPS/2 E

評価:S。まさに大爆発の1年。Low-Aで開幕直後から打ち続け、High-Aに昇格後も勢いは衰えなかった。2クラスで15 HRに、101打点を記録。選球眼もまずまずだった。Low-Aのオールスターゲームに出場。守備面では、Low-AではRijoがいたため、2Bの機会はやや少なかったが、最終的には2B/3B/LFをほぼ均等に守り、プロで初めてSSも少し経験した。2B/LFというのがベストポジションなのだろうが、真のパワーヒッターではないし、色々守れるのは重要。今季の活躍で、傘下のTop 30には食い込んで来そう。

-------------------------------------------------------------------------------------

Jose Vinicio, SS (09'-Int. FA)

14' Stats (GCL) : 5 G/14 AB/6 H/1 2B/1 3B/0 HR/9 TB/3 R/2 RBI/2 BB/4 SO/4 SB/3 CS/.429 AVG/.591 OBP/.643 SLG/1.234 OPS/0 E
14' Stats (High-A) : 39 G/129 AB/34 H/5 2B/1 3B/0 HR/41 TB/16 R/10 RBI/4 BB/29 SO/0 SB/6 CS/.264 AVG/.292 OBP/.318 SLG/.610 OPS/8 E

評価:E。8月の復帰後はアベレージ3割と打ったが、欠場も多かったし、このサンプル数では何とも。期待してはいけないのだろうけど、パワーや選球眼は全く無く、盗塁センスにも欠ける。守備はいいとしても、とにかく最低でも当てられるところを見せ続けないと。

-------------------------------------------------------------------------------------

Manuel Margot, CF (11'-Int. FA)

14' Stats (Low-A) : 99 G/370 AB/106 H/20 2B/5 3B/10 HR/166 TB/61 R/45 RBI/37 BB/49 SO/39 SB/13 CS/.286 AVG/.355 OBP/.449 SLG/.803 OPS/2 E
14' Stats (High-A) : 16 G/50 AB/17 H/5 2B/0 3B/2 HR/28 TB/4 R/14 RBI/2 BB/5 SO/3 SB/2 CS/.340 AVG/.364 OBP/.560 SLG/.924 OPS/0 E

評価:A。今やM. Bettsを除けば、押しも押されぬ傘下のNo.1 OF。Low-Aで序盤やや低調気味で、1歳下のRijoに遅れを取っていたが、All-Star以降調子を上げ、文句なしの成績に到達すると、19歳でのHigh-A昇格後も少ないサンプル数ながら、よく打った。10 HR/40 SBも達成し、オフの全体Top 100に入る可能性は高い。

-------------------------------------------------------------------------------------

Leonel Escobar, C (07'-Int. FA) : 今季もDLと行ったり来たりしながら控え捕手を務めた。

Jake Romanski, C (13'-14th) : 上のクラスの捕手陣との兼ね合いか、思ったより長くLow-Aでプレーし、その後半はやや成績を下げたが、Low-Aでは申し分の無い打撃を見せ、Low-Aのオールスターゲームに出場。ようやく昇格したHigh-Aでも安定して打っている。基本的にはパワーは無い上に、早打ち気味だが、コンタクトはしっかりしている。守備も良さそうだし、もう少し選球眼を磨けばバックアップの可能性はあるかも。

Jantzen Witte, 1B/3B/2B (13'-24th) : 前半戦はLow-Aで、後半戦はHigh-Aでそれぞれチームの主砲を務めた。Low-AのAll-Starゲームに出場。若干早打ち気味にも見えるが、ハイアベレージに加えて二塁打が多く、長打力もまずまず。年齢が高いだけに、AAで打つまではProspect扱いしないが、来季は少し注目している。

Matt Gedman, 1B (11'-45th) : 今季も1B控えとしてプレーしたが打てず。父親がBOS傘下のコーチだが、それでもそろそろリリースだろう。

Reed Gragnani, 2B/LF/3B (13'-21st) : 7月だけ失速したが、開幕からしばらくは4割を超えるなど、ハイアベレージと優れた選球眼で活躍。3割のアベレージと4割を超える出塁率を残した。リーグのAll-Starゲームに出場。非力さは隠せないし、2B以外のポジションでの守備とスピードも磨いて欲しい。

Dreily Guerrero, 2B/SS/3B/1B (09'-Int. FA) : 色々守れるユーティリティーとしてマイナー各クラスで出場しているが、今季はIFのみでプレー。

Mario Martinez, 3B/1B (13'-MiLFA) : 一瞬AAAに行ったが、High-Aで1B/3Bを務めた。パワーはまずまずも、絶望的に早打ち。OPS 7割以下では、オフに引き止める理由もない。

Kendrick Perkins, LF/RF (10'-6th) : Low-Aでようやくまともなアベレージを残し、High-Aへ昇格するも、またもオーバーマッチ。High-Aでは三振率が50%だが、そもそもLow-Aでも三振率が高すぎで、アベレージに関してはフロック感が強い。POではロスターからも外された。パワーはあれど、ここまで当てられなければこれ以上上のクラスはムリだろう。

Matty Johnson, CF/RF/LF (10'-UDFA) : 特に後半戦は3割を超えるアベレージを残し、チームのリードオフとして、POに進出したチームを引っ張った。パワーは無いが、選球眼も優秀だし、持ち前のスピードで40 SBを達成。安打数と得点はリーグトップ。来季はマイナー上層でこれができれば、注目を浴びるだろう。

Aneury Tavarez, RF/CF (10'-Int. FA) : 11 HRとまずまずの長打力を見せたものの、安定して当てられていないし、選球眼も全く成長していない。Prospectというところからは外れてきた。

0 件のコメント: