今年のレッドソックスについてどう思いますか?

2014年7月24日木曜日

14' Midseason Prospect Ranking -Reliever-

各ポジションごとのMy Rankingです。ここ数年は先発として今ひとつな成績の選手をリリーフに移して、そちらで開花するということも多かったが、今季は先発同様こちらもイマイチ。それにBritton、A. Wilsonらのリリーフで期待されていた選手も成績を落としている。


[14' Midseason Reliever Ranking]

Two-Star Prospect

1 (New). Heath Hembree, RHP, AAA : ○球威、奪三振率/×制球、健康。

2 (4). Noe Ramirez, RHP, AA : ○CH、安定感、制球/×球威、奪三振率。

- (New). (Dalier Hinojosa, RHP, AAA) : ○被打率/×RISPでの成績。

3 (1). Drake Britton, LHP, AAA : ○球威/×奪三振率、コマンド。

One-Star Prospect

- (New). (Tommy Layne, LHP, MLB) : ○対左、被打率、GB%/×上限。

- (New). (Ryan Verdugo, LHP, AAA) : ○奪三振率/×FB%、MiLFA。

- (2). (Alex Wilson, RHP, MLB) : ○スライダー/×K/BB、支配力。

4 (11). Aaron Kurcz, RHP, AA : ○奪三振率/×制球、FB%。

5 (9). Miguel Celestino, RHP, AAA : ○球威、GB%/×コマンド、MiLFA。


Others : Austin Maddox (RHP, High-A), Jonathan Aro (RHP, High-A), Madison Younginer (RHP, High-A), Kyle Martin (RHP, AA), William Cuevas (RHP, High-A), Dayan Diaz (RHP, AA), Robby Scott (LHP, AA), German Taveras (RHP, Low-A), Mike Adams (LHP, Low-A)


Left from Ranking : Pedro Beato (RHP, Claimed by CIN), Jose De La Torre (RHP, Claimed by MIL), Anthony Carter (RHP, MiLFA), Chris Martin (RHP, Traded to COL), Chris Carpenter (RHP, Released), Brock Huntzinger (RHP, MiLFA), Michael Olmsted (RHP, Released), Chris Balcom-Miller (RHP, Released), Nate Striz (RHP, MiLFA), Matt Price (RHP, Released), Nefi Ogando (RHP, Traded to PHI), Joe Gunkel (RHP, Converted to SP), Stephen Williams (RHP, Released), Dylan Chavez (LHP, Released), Matt Spalding (RHP, Retired), Yunior Ortega (RHP, Released), Luis Ortega (LHP, Traded to MIL), Daniel Gonzalez (RHP, Converted to SP), Victor Ramirez (RHP, Released)


[Comments]

こちらも昨年のTop 10からTop 5に絞ったけど、それでも下の方は誰も彼もパッとしないという状態。まともなリリーフのProspectはN. Ramirez唯一人という状態。MLBへ定着を目指さないといけないはずのBrittonとWilsonはAAAでもしっかりとした投球を見せられず。D. Hinojosaは被打率も低く、ERAほどは悪くない印象だけど、$4M出して獲るほどの価値があったかは疑問。

Kurczは奪三振率も高く、個人的には割と買っているけど、FB%が高いし、AAAで見てみないと。Celestinoも序々には向上しているが、球威ほどの支配力は無い。Maddoxは理由は知らないが、5月半ばから投げていない。Aro、K. Martin、G. Taveras、W. Cuevasらも長めのイニングで割とよく投げているが、Martinはともかく、他の3人は昇格ペースが遅く、MLBに辿り着く前にMiLFAになりそう。最近トレードで加入したR. Verdugoは対左では少し面白いかも。

(追記)Jake Peavyがトレードされ、右腕リリーフのHembreeが加入しました。元々はSFの将来のクローザー候補と見られていた選手で、100 mphに達する剛腕とパワースライダーの典型的なリリーフアーム。ケガもあって、ここ2年ほどは期待ほどには投げていないけど、それでもAAAでしっかりと投げてはいるし、現傘下で言えばリリーフでNo.1になるでしょう。

0 件のコメント: