今年のレッドソックスについてどう思いますか?

2014年7月29日火曜日

14' Midseason Prospect Ranking -Shortstop-

各ポジションごとのMy Rankingです。X. Bogaertsは卒業し、現在は3Bをメインに務めているけど、D. Marreroが今季が打撃での成長を見せており、フルシーズン2年目にして、MLBに上げてもおかしくないレベルまで到達した。守備の完成度は高いし、Bogaertsが3Bでプレーし続けるとしても何とかなりそうだ。


[14' Midseason Shortstop Ranking]

Four-Star Prospect

1 (2). Deven Marrero, SS, AAA : ○守備全般、コンタクト/×パワー。

Three-Star Prospect

2 (New). Michael Chavis, SS, GCL : ○打撃全般/×守備、実績。

Two-Star Prospect

3 (6). Javier Guerra, SS, GCL : ○守備、コンタクト/×選球眼。

One-Star Prospect

4 (3). Tzu-Wei Lin, SS, Low-A : ○守備、選球眼/×コンタクト、パワー。

5 (NR). Mauricio Dubon, SS, SS-A : ○守備、コンタクト/×選球眼。


Others : Jose Vinicio (SS, High-A), Elwin Tejada (SS, YTD), Heiker Meneses (SS/3B/2B, AAA), Mike Miller (SS/2B/3B, High-A), Carlos Tovar (SS/2B, DSL)


Left from Ranking : Xander Bogaerts (SS/3B, Graduated), Raymel Flores (2B/SS, Converted to 2B)


[Comments]

Bogaertsは卒業し、大物感は薄れたが、一応各クラスにProspectを抱える。AAAのMarreroはすぐにMLBでも通じるであろう守備に加え、今季は打撃面でも向上。HRもそれなりに出ているし、二塁打も増えた。MLBのレギュラーとしてしっかりした選手になれるだけのモノを見せている。AAは現状でMenesesやCFがメインとなってきているGibsonの2人で大きな期待ができるほどではないし、High-AのVinicioもケガも多いし、全く期待外れ。

Low-AではT. Linはやはり打撃で悩んでいる。この辺は大枚をはたいてライトヒッティングなSSを集めた方針もやや疑問が残るが。一方ショートシーズンは楽しみな選手が増えてきた。SS-AではDubonがボーナスベイビーのR. Floresを押しのける活躍。GCLでは、将来的にはSSには残らないかもしれないが、期待のドラ1のChavisに、昨年のFILから打撃でも向上を見せているJ. GuerraがSSとDHを分け合っている。

DSLのTovarは開幕は2Bだったように大物ではなさそうだが、来季はコンタクト面も評価されているE. Tejedaが加入する。来季から2年は特にInt. FA市場ではペナルティーの関係で攻守を兼ね備えた大物は獲りづらいし、掘り出しものを狙うくらいになりそうで、ドラフトでは、今季のChavisのようにオフェンスに優れた選手を優先したいところです。

0 件のコメント: