2014年7月15日火曜日

Former Sox Prospect Review: Michael Gunn, LHP

今回は、今日同時に紹介する予定のドラ12のJalen Beeksと同じArkansas大の同期左腕、Michael Gunn。かつては1Bで期待されたProspectでしたが、取り合えず左のリリーフを目指して入団しました。


[Player Data]

Name: Michael Gunn (マイケル・ガン)
Full Name: Michael Reid Gunn
Position: LHRP/(1B)
Born: January 25, 1993
Birthplace: Wilson, Arkansas
Height: 6-0
Weight: 205
Bats: Left
Throws: Left
Drafted: 16th round, 2014
How Acquired: Draft
Signing Bonus: Not Announced
College: Arkansas
High School: Christian Brothers HS (AR)
How Left: Released (December 2015)
Player Link: MiLB.com, Fan Graphs, Baseball Reference, Baseball Cube, SP.com


[Scouting Report]

平均的な体格。ボールの出所が見づらいフォーム。速球は最速で90 mph前半。運動能力は低めだが、がっしりした体格で、HS時代はパワーを期待された打者だった。


[Background]

11年はPGで一時は#125と割と評価の高い選手だった(ただし1BのProspectとして)。進学後もそれなりに打席を得ていたが、年々機会も減らしており、投手への比重が高くなっていた。14年はクローザーとして投げた。


[Profile]

14' : カレッジの同僚のBeeks同様、ケガ明けなのか、GCLで試運転程度のプロデビュー。

15' : シーズン途中からLow-A Greenvilleで投げ、1試合だけHigh-A Salemでも投げたものの、終盤戦はSS-A Lowellへ移動。ある程度三振は奪っているが、制球もイマイチ。

15' Dec. : リリース。


[Comment]

今の段階では大きな期待ができる選手では無さそうだけど、ビッグプログラムの左腕クローザーだし、ひょっとしたらという感じで紹介しておきます。

0 件のコメント: