2014年7月8日火曜日

Prospect Profile: Victor Acosta, 3B/2B/OF

今回は、今季のUSデビュー組の中でも個人的なお気に入り、Victor Acostaくん。小柄ながらパワーのある打撃が持ち味です。


[Player Data]

Name: Victor Acosta (ヴィクター・アコスタ)
Full Name: Victor Jesus Salazar Acosta
Position: 3B/2B/LF/RF/(SS)
Born: June 2, 1996
Birthplace: Maturin, Venezuela
Height: 5-11
Weight: 160
Bats: Right
Throws: Right
Drafted: Not drafted
How Acquired: International free agent (January 2013)
Signing Bonus: $50,000
Player Link: MiLB.com, Fan Graphs, Baseball Reference, Baseball Cube, SP.com


[Scouting Report]

身長は低めで、体格が成長する余地は少ない。打席ではせわしなくバットを動かし、つま先を上げてタイミングを取る。オープンスタンスで構える。しっかりしたバットコントロールを持つ。ディシプリンは向上が必要。パワーに関しては、体格・年齢を考えると既にかなりゲームで発揮できている。守備は元々SSだったが、現在は3Bを中心に、2Bでも併用されている。動きがやや硬く、優れた守備者ではない。


[Background]

特に無し。


[Profile]

13' : DSLでプロデビュー。SSとして契約したが、Javier Guerraの存在もあり、3B/2Bでプレー。AVG/OBPは平凡だったが、近年のDSLで最多の8 HRを放ち、強打を印象付けた。All-Starゲームに出場。傘下のラテンプログラム最優秀選手に選出。

14' : GCLでUSデビュー。前年ほどのパワーを見せられなかったのは残念だが、8月は非常によく打って終わった。開幕は3Bで迎えたが、Rafael DeversのUS昇格に合わせて、予想通りに2Bでの起用が増えた。

15' : 同世代のIFが豊富だったことも影響しているが、Low-Aに食い込めずにSS-A Lowellへ。出足は絶好調だったが、好不調の波が大きく、シーズン通算ではアンインプレッシブな内容。HRはあまり出なかったが、多くの二塁打を放ち、パワーは問題なさそうだが、早打ちの欠点をなかなか克服できない。守備は2B/3Bに加えて両翼も守った。

16' : 二年目のSS-Aで、開幕戦はベンチだったものの、複数のポジションで多くの出場機会を得、AVG .274とまずまず。ただ14年にDSLで8 HRを放った時のインパクトはなく、Prospectへ成長し損なった。

17' : SS-Aと、Low-Aを飛ばしてのHigh-A Salemでプレー。ここ数年安定したコンタクトを見せているが、フロントは買っていないようで、マイナーのロスターフィラー扱いになっている。


[Comment]

パワー面の数字だけなら、同時期のXander Bogaers以上。若くて長打を打てる選手はなかなかいないので期待しています。守備は平凡そうなので、アベレージ・選球眼を磨いて、持ち前のパワーを安定して発揮して欲しいですね。

0 件のコメント: